« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

国民年金保険料の不正免除

社会保険庁が、国民年金保険料の不正免除をおこなっていたことが発覚した。
国民年金の保険料未納者が多いため、未納率を減らす目標のために行ったようだが、保険料の徴収数を増やすのではなく、保険料の免除申請を不正に行うことにより、未納者を保険料免除者にし、納付率の分母を減らすという方向に向かうところが、社会保険庁のどうしようもなさを如実に表している。
おまけに、「免除の届け出をすれば、5万円もらえる」なんて、おバカなキャンペーンを考えるなんて、もう末期症状である。
社会保険庁のような保険料徴収に多くのコストがかかるような存在は、もうなくしたほうがよいと思う。

この報道をテレビで見ていたら、「5万円もらえるといっても、これは税金ですよ!」と言っていたコメンテーターがいた。
これが税金であるのは事実である。だが、何も説明がなくこの発言を聞いた人は、「きちんと保険料を払っている人はもらえないのに、免除申請をすれば税金から5万円もらえるなんて、許せない!」と誤解するのではないだろうか。

現在支給されている国民年金の財源は、3分の2は年金保険料であるが、3分の1は税金なのである。国民年金の保険料免除申請が認められると、免除された期間については、保険料を支払っていないのでその3分の2の部分は当然もらえないが、3分の1は税金から支払われているため、保険料を支払っている人と同じように、その分は受給できるというわけである。
つまり、保険料免除者だけでなく、保険料を支払っている人も、その部分は受給するわけだ。
だが、保険料未納者は、この税金部分も受給することは出来ない。このため、保険料の免除申請をし、免除が認められると、「5万円」もらえるという表現になったのだろうが。

マスメディアは、事実を誤解のないように視聴者や読者に伝える必要があると思うが、以前にも、マスメディアが誤解を与えるような情報を流しているのを見たことがある。
保険の予定利率を途中で引き下げできるように法律を変える動きがあったとき、「ニュースステーション」を見ていたら、自民党の国会議員にインタビューした映像を流していた。
自民党国会議員はインタビューに答え、「保険会社が破綻したら何もなくなるんだから、それよりは予定利率を下げて、削減されても残ったほうがいいだろ!」。
その後、スタジオに戻ったが、スタジオではまったく何のフォローもなかった。

この放送を見た人は、「保険会社がなくなったら、何ももらえなくなるなら、削減されてももらえたほうがいい」と思うのではないだろうか。
その少し後、フジテレビの番組でも、予定利率を変更できるように法律を変えることについて街頭でインタビューをしていたが、「破綻したら全然もらえないなら、減らされてももらえたほうがいい」と答えていた人が何人もいた。

保険会社が破綻した場合、生命保険会社の場合は「生命保険契約者保護機構」、損害保険会社の場合は「損害保険契約者保護機構」が保険契約の保護をする。
保護される率は、保険の種類によって異なるが、保険会社が経営破綻したら、保険金がゼロになるわけではない。
保険会社が破綻したら、契約している保険はどうなるのか?こういうことは、ネットで検索しても、すぐに調べることが出来る。
インタビューの内容が事実と違うのであれば、それはスタジオできちんとフォローすべきである。
それが多くの人に情報を流すマスメディアの責任である。

| | コメント (0)
|

2006年5月27日 (土)

餃子

中国人や中国語を勉強している人たちの餃子の会に行った。
この会は、中華料理屋さんを借りて、みんなで餃子を作り、その後、作った餃子やお店の中華料理を食べるという会である。
中に入れる具はすでに作ってあり、私たちは小麦粉をこねた物から皮を作るところからスタートする。

Jyouza1この会に行ったのは今回で2回目。前回は1月28日だった。
中国の北のほうでは、春節(旧正月)の前日、つまり大晦日に餃子を作って食べるという風習があるのだそうだ。日本の年越しそばのようなものだろうか。
今年の旧暦の大晦日は、1月28日だった。
日本に来て1年目という中国人の留学生もいたが、今年は1人で餃子を作って食べ、春節をお祝いしようと思っていたが、この会を知って、大勢でお祝いできてうれしいと言っていた。

Gyouza2 1月のときは新大久保だったが、その後、カラオケに行った。
そのお店は、中国の歌がたくさん入っている中国系のカラオケ屋さんだった。
もちろん歌詞は中国語で出てくる。
新大久保というと、韓国系のイメージが強いが、山手線の内側は韓国系、外側は中国系なのだそうだ。
身近なところに、こんな中国の世界があるのは、ちょっと驚きだった。

| | コメント (0)
|

2006年5月24日 (水)

ひまわり

Himawari1_2夏の花の代表といえる「ひまわり」が、お花の教室の花材に入ってくるようになった。
お花の教室では、3~4セットの花材の中から、自分の好きなセットを選んで生ける。
前回もひまわりが入ったセットがあり、「もうこんな季節になったのか」と思ったが、ひまわりはもう少し後に取っておこうと思い、シャクヤクが入ったセットにした。

今回は、シャクヤク、ガーベラ、ひまわりの3セットがあった。
前回、前々回とシャクヤクのセットで生けたので、今回は違う花にしようと思った。
ガーベラのセットは、枝ものがいまいち好みではなかった。
Himawari2_1そこで、ひまわりのセットにすることにした。今年初めてのひまわりである。

ひまわりのセットは、梅花うつぎとスターチスが入っていた。
ヒマワリのセットを選んだのは、梅花うつぎの白い花がきれいだったこともある。
今回は、同じ花材で2つ生けた。
ひまわりの花があると、家の中は梅雨を飛び越えて、もう夏になったような感じである。

 

| | コメント (0)
|

2006年5月22日 (月)

ベランダ菜園

ゴールデンウィークに野菜の苗を買ってきて植えたのが、ずいぶん大きく育っている。
青じそは、プランターに植えたが、林のようになっている。
キュウリ、トマト、ナスは、大きな植木鉢を買って、それに植えた。
うちには野菜用の深くて大きいプランターがあるが、なにしろベランダ菜園なので、日当たりのよいところに移動させやすいように、植木鉢にした。
クリーム色、緑色、テラコッタ色と、それぞれ違う色にした。
緑色は、真っ赤なトマト用。ナスの色はテラコッタ色よりクリーム色のほうが合いそうなので、クリーム色の鉢。キュウリはテラコッタ色の鉢になった。

植えたときは、ひ弱な感じだったが、どれもずいぶんたくましくなった。トマトは初めて花がつき、キュウリはツルがが出てきた。

トマトとナスを育てるのは初めてであるが、キュウリは育てたことがある。
種からまいたのだが、間引くのがかわいそうな気がして、そのままキュウリの林になった。
成長が早く、朝と夕方ではずいぶん違っていた。
だが、花は咲いても、実はならなかった。なので、観葉キュウリといっていた。
8階のベランダで育てていたから、虫が飛んでこなかったせいだろうか。それとも、間引かなかったせいだろうか。

今回は、苗から買って、それぞれ一つだけだが、大切に育てようと思う。
夏の収穫がたのしみである。

Aojiso1
5月5日の青じそ

Aojiso2
5月22日の青じそ

青じその林になっている。そろそろ食べよう。

Kyuuri1_1
5月22日のキュウリ

一昨日は、強風で倒れていたので、根もとを土で固めた。昨日からツルが出てきた。

Nasu1
5月22日のナス

ひ弱な感じだった苗も、たくましくなった。

Tomato1
5月22日のトマト

今日、つぼみを発見、

| | コメント (2)
|

2006年5月18日 (木)

ダイエット

昨日、「クロワッサン」のゲラがFAXで届いた。
コピーを取ったもののFAXだから、顔写真ははっきり写ってはいないが、顔の輪郭を見て、ちょっとショックだった。

最近、いや正直に言おう、昨年末から、ちょっとおデブになったから、まずいなぁ・・・とは思っていた。
顔の輪郭にも、それは現れている。
担当の編集者は、「そんなことないですよ」とは言うのだが。
ちょっとダイエットしなきゃなぁ・・・と思いながらも、昨夜もパーティーで、つい、いろいろ食べてしまった。

雑誌の中でも、「クロワッサン」や「anan」のカメラマンは、女性をきれいに撮ってくれる。
私も、「クロワッサン」や「anan」で写真を撮られるのは、楽しみである。
でも、やっぱりこの顔の輪郭は気になる。
直接私に会う人の数より、雑誌や新聞、テレビなどで私を見る人の数の方が、圧倒的に多い。
その人たちにとって、メディアを通して見ているのが「私」なのである。

以前、3週間後にテレビ出演という仕事が入ったとき、やっぱりちょっとおデブ気味だった。
そこで、私は5キロ体重を落とすことにした。
テレビはそれでなくても、太って見えるからだ。
「テレビで見るより、ずいぶんやせてらっしゃるんですね」と言われたこともある。
私は、人の努力を無にする、ワイド画面が嫌いだ。
それから私は、3週間後を目標に、ダイエットをした。
出演当日朝、ちょうど目標体重になっていた。
3週間で5キロのダイエットは、無理があるといわれるかもしれない。
だが、私は太って見られたくなかった。

今日から、目標体重まで2.5キロダイエットすることにした。
ダイエットも資金作りも、成功するかどうかは、意志の強さではなく、動機の強さだと思う。

| | コメント (2)
|

2006年5月16日 (火)

イッショー サランヘヨ

Bpic9 初めて見たとき、とても気になったCMがある。
AflacのCM「イッショー サランヘヨ」である。
韓国ドラマをテレビで矢田亜希子とダックが見ているという設定だが、テレビの映像は、ピと相手役の女優が、どしゃ降りの雨の中、「イッショー サランヘヨ」と言っているのである。
字幕は「一生、君を守る」となっているが、セリフは日本語の「一生」と韓国語の「サランヘヨ(愛してる)」がくっついている。でも、なぜか違和感がない。
「約束」とか「無論」とか、日本語と韓国語で同じように使われている言葉を聞き慣れているせいだろうか。

ピがドラマ仕立てで日本のCMに出るなんて、思ってもみなかった。
チャン・ドンゴンやクォン・サンウ、ペ・ヨンジュン、チェ・ジウなど、日本のCMに出ている韓国俳優は、日本のCMでも、韓国のCMに出るのと同じような出方をしているからだ。

それにしても、このCMの中のドラマって、韓国ドラマらしい出生の秘密や運命的な別れ、記憶喪失など、波瀾万丈要素をすべて盛り込んでいるような感じである。

このCMについて何か書かれているかなと思って検索したら、こんなサイトを見つけた。
別冊だっく  Rain(ピ)特集号

ピが出ているあのドラマは、「イッショー サランヘヨ」という全24話のドラマで、あのシーンは最終回「雨の誓い」の中の最後のシーンなのだそうである。
全24話というのも韓国ドラマらしい。韓国では、ドラマは一般的に週2回放送されるから、24話は3か月分である。

あのシーンを見たければ、このサイトで好きなだけ見ることができるが、ほかにも、いろんなバージョンの「イッショー サランヘヨ」があった。
24話それぞれのタイトルも出ているが、いかにも韓国ドラマらしいこのタイトルを見ただけで、何だかストーリーがわかりそうである。
おまけに、このドラマのあらすじまで書いてある。
CMについてのサイトがここまで作られていたら、もう完璧である。

| | コメント (0)
|

2006年5月15日 (月)

5月の寄せ植え

Photo ゴールデンウィークは気持ちの良い天気が続いたが、私は寄せ植えの花を探すために、自転車で数日にわたって、お花屋さんめぐりをしていた。

奥に高さのあるレースラベンダーを植えて、あとは低めの花を3、4種類植えようと思っていたのだが、お花屋さんで見ていたら、石竹ナデシコが目を引いた。
そこで、石竹ナデシコを入れることに決めた。
かなりボリュームがあるので、足下の花は白いペチュニアにする。
ここまではその場で決まったが、もう一つの足下の花が決まらない。
翌日から、もう一つの花を探すため、お花屋さんめぐりをした。

白いペチュニアとバランスのとれる大きさで、石竹ナデシコの色とも合う花がなかなか見つからない。
数日後、淡い紫色で白いペチュニアと花の大きさが比較的近いペチュニアを見つけ、これに決めた。

| | コメント (0)
|

2006年5月14日 (日)

カーネーション

今日は母の日なので、先週から花屋の店先には、カーネーションの鉢植えが増えた。
1年中で、今がいちばんカーネーションを花屋で見かける時だろう。
子どもの頃、カーネーションというと、赤とかピンクが一般的だったが、最近は多くの種類が出回っている。
ただ、花束を作ってもらうときは、カーネーションが入ることは、ほとんどない。
高級感が少ないからだろうか。
でも、こうやって花屋の店先にある鉢植えをみると、ほんわかと暖かな気持ちになる。
カーネーションは、高級レストランで食べるような、美味しいんだけど、毎日だと何だか疲れてしまうような料理ではなく、懐かしく、毎日食べても飽きない、家庭料理のような花である。P5090436
P5090437

| | コメント (0)
|

2006年5月11日 (木)

古鉄恵美子のちょっ得サポーター

今日、OCNにマネー総合サイトが登場した。
マネーコンシェルジェである。
私はこのサイトで、古鉄恵美子のちょっ得サポーターというコラムを連載する。

ガチガチな金融情報というのではなく、気軽に読めて、「あ~ら、やってみようかしら!」と思うようなノリのものである。
その連載の担当者がこのブログを読んで、私はエッセイもイケると思ったようで、金融商品情報というより、私のまわりの身近なネタで、マネーエッセイのような感じで書いて欲しいという要望があった。
もしかしたら、韓流ネタも出てくるかもしれない(笑)。

このコラムのタイトルはなかなか決まらなかったが、OCN側はキャッチーなものにしたいということで、「古鉄恵美子のちょっ得サポーター」というタイトルが提示された。
「好きじゃなかったら、遠慮なく言ってください」ということだったが、「好きにしてください(笑)」と返事をしたため、これに決まった。

| | コメント (0)
|

2006年5月 9日 (火)

武田双雲

数日前、ダイヤモンド社の編集長からメールが来た。
武田双雲さんの初の作品集『たのしか』の発売を記念して、5月8日19:00から紀伊國屋サザンシアターで開催されるトーク&パフォーマンス書道のご案内である。
入場を希望するのであれば、入場整理券を用意してくれるとのこと。
私も書道をやっていて、彼のパフォーマンス書道にも興味がある。

私が好きで、また得意でもあるのは、一字書。文字通り、半紙に一字だけを書くのである。
他に練習しているのは、半紙に4文字書く楷書と行書、それに「かな」であるが、「かな」は我ながらヘタっぴだと思う。
細字は、私の性格に合わないので、書かない。
私が写経なんぞしようものなら、精神安定どころか、気が狂いそうになるだろう。

打ち合わせがあったので、会場に到着したのは19:15ごろ。
知人の編集長がいて、「招待客は2列目と3列目だから」と言って、整理券を渡してくれた。
私は2列目の席に座ったが、1列目は真ん中でビデオを撮っている関係者だけだったので、遮るものなく、彼の筆を持つ手もよく見えた。

19:40までは、彼のトークだった。
最初に路上パフォーマンスをやったときは、「みんなボクのもとに殺到したらどうしよう!」と自意識過剰で、敷物を2時間広げられなかったそうだ。
実際は、通行人に知らんぷりされたそうだが。
「最初に書を頼まれた文字は、忘れもしない・・・・・・何だったけ・・・」(オイオイ、忘れもしなかったんじゃないの?)
その人の子どもの名前だったそうだが、書く前に「いくら?」って尋ねられたので、「お好きなだけ」と言った。
その人の希望通りに子どもの名前を書き、渡したら「ありがとう」って言って、その人はお金を払わずに行ってしまったそうだ。
「お好きなだけって言ったから、タダというのもアリだけど、あのときはサギにあったような気がした」。
多くの人たちに知られるようになるまでに、何とも涙ぐましい方向性が違う努力をしたり、失敗をしているのを、彼は会場の笑いを取りながら語った。

その後、サックスや和太鼓と競演をしながらのパフォーマンス書道を見せてくれた。
「書」を書くという行為を、ステージ上でどんなふうに見せるのだろうと思っていたら、最初は立ててある2つの壁に1字ずつ「感」「謝」と書いた。

Souun1_2Souun2_2 次は、中央に座り、半紙に1字ずつ書いていたが、書いている字がバックのスクリーンに映し出される。
彼の隣にはパソコンを操作している人が座っていたが、スクリーン には単に白地に墨色で文字が書かれるだけでなく、背景や文字の色などにさまざまな効果が加えられた。

Souun3_2 最後は、床に敷かれている白い布に、大きく「愛」と書き、その布はバックに吊された。
時間は2時間くらいだったが、なかなかおもしろいものを見せてもらった。

| | コメント (0)
|

2006年5月 8日 (月)

イ・ヨンエ

一昨日、録画していた「チャングムの誓い」を観ると、最後に、5月8日(つまり、今日)の「スタジオパークからこんにちは」に、イ・ヨンエが出演することと、観覧希望者の申し込みについての案内があった。

以前、この番組で、「冬のソナタ」でしか見たことがなかったパク・ヨンハを見たとき、「こんなにパク・ヨンハって、かわいかったのー!?」と思った。
だって、「冬のソナタ」のサンヒョク役って、あまりいいイメージがなかったから。
その後、「スタジオパークからこんにちは」の関係者である知人に会ったときに、この話をしたら、「言ってくれたら、スタジオに入れてあげたのに」。
だって・・・あの番組を見るまでは、ハク・ヨンハを見たいなんて思わなかったから・・・

そこで、今回はイ・ヨンエを見たいと思って、昨夜、その人に「見たいので、スタジオに入れてもらえませんか?」とメールした。
ただし、今日は15:30頃までは、また「クロワッサン」の取材が入っている。なので、「16:00以降の収録なら見られるのですが」というの書いておいた。
そうしたら、今朝、返事が来た。
「スタジオパークからこんにちは」は生放送だから、13:05~14:00。記者会見は11:00~とのこと。
あ~~~~~っ!!!明日だったら、大丈夫だったのにぃ・・・・・残念!

| | コメント (0)
|

2006年5月 7日 (日)

手作りの服

数回に分けて衣類の入れ替えをしたが、コートやジャケット、スカートなど、自分で作った服がこの秋冬も大活躍した。

小さい頃から、何か作ることが好きだった。
簡単な料理は幼稚園の頃から始め、人形の服も自分で手縫いしたりしていた。
小学生の時は、自分の洋服を作ったり、編み物ではマフラーやベストを編んだりしていた。

それまでは、きちんと教わったことはなかったが、8年くらい前、スーツやコートを自分で作りたくなって、洋裁教室に通うようになった。
そこではまず、自分のサイズを測り、原型を作った。
そして、デザイン画を描き、それを元に原型から型紙を作った。
生地に型紙をあて、縫い印を付け、裁断し、ロックミシンで端の始末をする。
そして、手で仮縫をして、試着し、不都合なところチェックし、糸をほどき、ミシンで本縫いする。
そして、ボタンやファスナーを付けたり、まつったりして完成する。
表から見えないところに、いろいろな技が隠れていることが多い。

私は作ることが好きということもあるかもしれないが、持っている服に合う服を探してもなかったりすると、「無いなら、作ろう!」という発想になる。

P4280420_2キルティングのコート

身頃の裏地は、フリースをライナーっぽく付けた。裏地なので、取り外しはできない。
いちばん上はボタンだが、他はスナップ。
前を開けたときや脱いだときにスナップが目立たないように、キルティングの綿をはがし、表布でスナップをくるんだ。ボタンのループも、表布で作った。
襟付けのミシンかけでは、針が3本折れ、大変だった。
軽くて、結構、暖かい。

P4280425_5

ウールのジャケット

ロングスカートに合うコートが見つからなかったため、短めのジャケットを作った。
他のスカートにも合うように、シンプルな形にした。

P4280424 地模様があるスカート

少し毛足があり、その方向により地模様の感じが違って見える生地。このスカートは、毛足を上向きにした。
裏側にチャコで印を付けてもすぐに消えるし、仮縫いの時も針が通りにくく、縫うのに苦労した。

P4280423_1 ウールのタイトスカート

ブルー系のチェックのスカート。
合わせやすく、この冬、最も活躍したスカートかもしれない。

| | コメント (0)
|

2006年5月 4日 (木)

スカーレット・レター

「スカーレット・レター」を観た。
レンタル屋さんがゴールデンウイークキャンペーン中で、新作のDVDは1泊2日、準新作と旧作は7泊8日で100円だったので、借りてきた。

「スカーレット・レター」は、それまで特に観ようとは思わなかったが、韓国映画やドラマの棚で目に止まり、イ・ウンジュの遺作であり、彼女の自殺の原因とも言われている映画なので、100円なら借りてみようかという気になった。

ストーリー的には、前半は今後の展開を期待させるものがあったが、後半の展開には無理があり、これって、一体、事件とどういう関係があるの?
妻と愛人の関係が、あの告白だけで、伏線などがまったくないのも不自然。
「えっ、そういうことだったの・・・」なんて、まったく思えなかった。

まあ、100円でレンタルして観たからいいけど、劇場で1800円払って観るのなら、おいしい物でも食べたほうがいい。
見終わったあとは・・・
重い。
夜9時から観たからまだよかったけど、今日みたいな気持ちいい昼間に観る映画ではない。

今日は早く寝ようかと思っていたけど、このまま重い気分で寝たくないので、口直しに、一緒に借りてきた「ノンストップ」(韓国のコメディー番組)の神話スペシャル+東方神起を観てから寝ることにしよう。

| | コメント (0)
|

2006年5月 2日 (火)

カラオケ

先日、久々にカラオケに行った。
友人2人とその友達(Rikaさん)と一緒だ。
カラオケに行く前に、食事に行ったが、そのときに、初対面のRikaさんも、韓国ドラマが好きで、「パリの恋人」は大好きと言っていた。
そこで、私が最初に歌った歌は、チョ・ソンモの「ノエギョトゥロ(君のそばへ)」。
「パリの恋人」の挿入歌である。

Paris_1前奏が流れると、Rikaさんは「キャ~~~!」と叫んだ。
私が前回カラオケに行って、「これってどんな歌?」と思って、とりあえず入れてみて、前奏が流れたときと同じ反応である。
「これ、なんていう歌!?TUTAYAで借りる!」と言うので、「ノエギョトゥロ(君のそばへ)」。
「パリの恋人のOSTに入っているよ」。

この反応に気をよくした私が次に歌ったのは、もちろん「ノハナマン(君一人だけ)」。
この2曲ですっかり火をつけられたRikaさんは、「帰りにTUTAYAに寄らなきゃ!」。

実際に彼女は、帰りにTUTAYAに寄って「パリの恋人」のOSTを借りてきたようだ。
そこまでは、フツ~の人である。
だがRikaさんがスゴイのは、その日、パソコンでハングル文字を入力し、日本語訳と一緒に歌詞カードを作ったことである。
私はどうしたらハングル文字を入力できるのか、わからない。
Rikaさんは自分で覚えたようだ。
どうやら、好きになるとハマるたちらしい。
初対面だが、私となかなか合いそうである。

Rikaさんのブログ

| | コメント (0)
|

2006年5月 1日 (月)

支那そば「八雲」

Yakuko_2 友人を誘って、池尻大橋の支那そば「八雲」に行った。
中目黒にあったときは行ったことがあるが、池尻大橋に移転してからは初めてである。
以前と同じで、カウンター席しかないが、席数は多くなって、ゆったりした空間になっている。

中目黒のときには、スープは1種類しかなかったが、いまは「白だし」か「黒だし」を選ぶことができる。
私は「白だし」の特製ワンタン麺を注文した。特製ワンタン麺は、エビワンタンと肉ワンタンが3個ずつと、チャーシューが2枚乗っている。

友人を誘ったとき、「八雲ってdancyu(ダンチュウ)に載った有名店でしょ」と言われた。dancyuに載ったのは知らなかったが、あちこちで取り上げられている有名店ではあるようだ。
萩原雅人も通っているという話を聞いたことがある。

友人は私と同じ白だしの特製ワンタン麺、友人が誘った人は、同じく白だしの特製ワンタン麺(ハーフ)を注文した。ハーフというのは、エビワンタンと肉ワンタンが2個ずつ乗っている。
最後はおなかいっぱいで、食べるペースは落ちたが、完食した。やっぱりワンタンが絶品である。
ワンタンは6個で、麺がハーフのワンタン麺があればいいのにと思った。
友人は「おいしい~!!!」を連発して、大満足だったようだ。

| | コメント (2)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »