« 支那そば「八雲」 | トップページ | スカーレット・レター »

2006年5月 2日 (火)

カラオケ

先日、久々にカラオケに行った。
友人2人とその友達(Rikaさん)と一緒だ。
カラオケに行く前に、食事に行ったが、そのときに、初対面のRikaさんも、韓国ドラマが好きで、「パリの恋人」は大好きと言っていた。
そこで、私が最初に歌った歌は、チョ・ソンモの「ノエギョトゥロ(君のそばへ)」。
「パリの恋人」の挿入歌である。

Paris_1前奏が流れると、Rikaさんは「キャ~~~!」と叫んだ。
私が前回カラオケに行って、「これってどんな歌?」と思って、とりあえず入れてみて、前奏が流れたときと同じ反応である。
「これ、なんていう歌!?TUTAYAで借りる!」と言うので、「ノエギョトゥロ(君のそばへ)」。
「パリの恋人のOSTに入っているよ」。

この反応に気をよくした私が次に歌ったのは、もちろん「ノハナマン(君一人だけ)」。
この2曲ですっかり火をつけられたRikaさんは、「帰りにTUTAYAに寄らなきゃ!」。

実際に彼女は、帰りにTUTAYAに寄って「パリの恋人」のOSTを借りてきたようだ。
そこまでは、フツ~の人である。
だがRikaさんがスゴイのは、その日、パソコンでハングル文字を入力し、日本語訳と一緒に歌詞カードを作ったことである。
私はどうしたらハングル文字を入力できるのか、わからない。
Rikaさんは自分で覚えたようだ。
どうやら、好きになるとハマるたちらしい。
初対面だが、私となかなか合いそうである。

Rikaさんのブログ

|

« 支那そば「八雲」 | トップページ | スカーレット・レター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。