« おあげ | トップページ | シソ餃子 »

2006年10月31日 (火)

薬食同源

最近ずっと風邪がひどかったので、クリニックに通い、薬を飲みながら、ショウガのハチミツ漬けや大根のハチミツ漬けを作って、その上澄みを飲んだり、新大久保の韓国スーパーで買ってきたゆず茶を飲んだり、レトルトの参鶏湯を土鍋で温めて食べたりしていた。
特にショウガとネギは、料理に多く使い、大量摂取した。
最近のマイブームはデトックスなので、タマネギスープやショウガ&レモン汁入りミントティーも作り、飲んでいた。

チャングムを見るようになって、ますます薬食同源という考え方に近づくようになった。
薬食同源とは、医薬も食事も生命を養い健康を保つためのものであり、その本質は同じであるという意味である。
2千年ほど前の中国の医学書「黄帝内経太素」の中に、「五穀、五畜、五菓、五菜これを用いて飢えを満たすときは食といい、それを用いて病を療するときは薬という」という記述があるそうである。

ときどき、「たまには料理することがあるんですか?」と聞かれることがある。
主に仕事関係で知り合った人にである。
こういう仕事をしている人は、料理なんてしないように思えるらしいのである。
「料理なんてしないだろうし、たぶんできないと思っていた」と言われたこともある。
私は、生活感をあまり感じさせないのかもしれない。
でも、毎日自分で料理をして食べている。

おいしいお店に友人たちと行って楽しく食事をするのは、好きである。
でも、時間がないからとかいう理由で、コンビニでお弁当を買ってきて食事をするというのは、あまり好きではない。
あの全体的に茶色っぽい色合いのコンビニ弁当自体、あまり好きではないのかもしれない。
たぶん、食べるものには、気を遣っているほうだと思う。
人間の体は、食べたものと飲んだものから作られ、維持されてる。
なので、何を食べ、何を飲むかというのは、とても重要なことだと思う。

|
|

« おあげ | トップページ | シソ餃子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食べ物&飲み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おあげ | トップページ | シソ餃子 »