« 福袋 | トップページ | くず湯 »

2007年1月 6日 (土)

鍋焼きうどん

_145_2新年早々、風邪を引き、実家で寝込んでしまった。
葛根湯を飲んだが、だんだん悪化するので、クリニックに行った。

やはり、風邪のときは「うどん」ということで、白潟天満宮の近くの「羽根屋」に行った。
この店、「羽根屋」というのが本当の店名だが、「献上そば」のほうが通りがいい。
お店の看板も、大きく「献上そば」とあり、「羽根屋」という店名は、その下に小さく書いてある。
昭和天皇と皇后にそばを献上したことから、「献上そば」と言っているようだ。

松江のうどんは関西風なので、風邪を引いたとき、安心して食べることができる。
風邪を引いたときに東京の黒いおつゆのうどんを食べると、ますます熱が出そうになるため、東京で風邪を引いたときは、関西風のうどんのお店に行くか、コンビニでキンレイの冷凍鍋焼きうどんを買ってくる。

この店では、鍋焼きうどんを注文した。
うどんの具は、卵、鶏肉、おあげ、ネギ、とろろこんぶ、かまぼこ、野焼き。
東京の鍋焼きうどんに入っていないのは、とろろこんぶと野焼きだろうか。
「野焼き」は、ちくわのように見えるが、ちくわのようなふわふわした食感ではなく、魚のすり身100%のしっかりした食感である。
この魚は、「トビウオ」である。出雲地方では「アゴ」という。
鍋焼きうどんに入っている「野焼き」は小さいサイズだが、普通の野焼きは直径6.5cmくらいある。
値段も、ちくわよりはるかに高い。

出されたとき、卵はほとんど生の状態なので、うどんを半分くらい食べ、半熟状態になってから食べた。
おつゆも全部飲み干した。
塩分の取り過ぎかもしれないが、たまにはいいだろう。
東京のうどんのおつゆを全部飲むことはないが、関西風のおつゆのうどんに出会うと、全部飲むことが多い。もちろん、おだしの味がいいことが前提だが。
東京でも、近所で関西風のうどんを食べられたらいいのにと思う。

|
|

« 福袋 | トップページ | くず湯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食べ物&飲み物」カテゴリの記事

コメント

ご実家は島根だったんですね。体の具合は如何ですか?
それにしても由緒あるお店が近くにあるんですね。
うどんには、正直、関西風のダシしか合わないと思います。

投稿: K.Suzuki | 2007年1月 9日 (火) 23時55分

今日もクリニックに行きました。

うどんのおだしは、名古屋のみそ煮込みのようなものもあり、どれがうどんのおだしとして合うのかという味覚は、食べ慣れているものがどんなものかにもよると思います。
大阪のうどんと讃岐のうどん、名古屋のみそ煮込みのうどんは、それぞれ固さも違うし。

うどんと一口に言っても、関西のうどんと関東のうどん、名古屋のみそ煮込みのうどんは、どれも「うどん」という名であっても、私は別物だと思っています。

ちなみに、住友信託銀行@東京丸の内 の社員食堂のうどんは、おつゆが関西風と関東風の両方あり、好きなほうを選べます。
さすがうどんにこだわりのある関西の会社と思いました。

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年1月10日 (水) 14時31分

お風邪の具合はいかがですか?

私も風邪を引いてしまいました。
久々に痰が出るほどの風邪になりました。

しかし、仕事が週6、
下手すると週8(あれ?)あります。

うどんよりも蕎麦派ですが、
風邪の時はなんとなく恋しくなりますよね。

投稿: b | 2007年1月11日 (木) 08時26分

まだ微熱がありますねぇ・・・

仕事が週8とはスゴイ!
私は連載は入稿していますが、ほかの仕事はボチボチって感じでやっています。

そばは、実家のほうの黒々とした出雲そばは苦手で、東京のそばのほうが好きです。

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年1月11日 (木) 10時26分

住友信託銀行の社食、いってみたいです。
さて、明日会社で名刺を探します。
1枚くらいあるかなぁ。しかし、用事をどうしよう・・・・。

投稿: つー | 2007年1月12日 (金) 01時03分

用事はやはり「職員食堂&学食リニューアルのための社員食堂視察」でしょうか。

社員食堂でもうどんのおつゆにこだわりのある関西系の企業、好きです(この点はだけど)。

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年1月12日 (金) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福袋 | トップページ | くず湯 »