« 読売新聞 | トップページ | 「夏の香り」 »

2007年2月 3日 (土)

恵方巻

P2030286_1「茶月」の前を通ったら、恵方巻を販売していて、今日が節分だということを思い出した。
そこで恵方巻を買って帰った。

節分の夜に恵方を向いて、願い事を思い浮かべながら無言で太巻きをまるかじりする恵方巻という風習は、もともと大阪のものだそうだが、東京でも、セブンイレブンが派手に宣伝をしてから、他のコンビニやスーパーでも一般的に販売するようになった。

豆も付いていたが、豆まきをやっている声は、住宅地では、もうかなり前から聞こえてこない。
豆まきに代わって、恵方(今年は北北西)を向いて、無言で恵方巻を食べる人が増えたから、節分の夜は静かになったのだろうか。

|
|

« 読売新聞 | トップページ | 「夏の香り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食べ物&飲み物」カテゴリの記事

コメント

うちは豆まきやりました。マンションの廊下とベランダに響かないよう、小声で(^^;)。

投稿: クフロ | 2007年2月 4日 (日) 08時08分

大声で豆まきというのは、マンションでなくても、勇気が必要ですよね。

うちには、恵方巻についていた豆と、一昨日、郵便局で小包を発送したときにもらった豆がありましたが、豆まきをせずに、2袋とも全部食べてしまいました。歳の数とは関係なしに(笑)

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年2月 4日 (日) 10時01分

古鉄さんまだまだお若いじゃないですか。
それにしても恵方巻って、なかなかいいアイデアだと思っています。だって、豆撒きだとあとで掃除しなくちゃいけないけど、恵方巻なら掃除は要らない。しかも受験シーズンと重なっているから需要が見込めるから、食品業界は潤う。この習慣を定着させた大阪商人はさすがだと思います。

投稿: | 2007年2月 5日 (月) 00時34分

↑K.Suzukiの書き込みです。名前忘れ失礼致しました。

投稿: K.Suzuki | 2007年2月 5日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読売新聞 | トップページ | 「夏の香り」 »