« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

「LOVE!ジフン祭り」 

お台場で開催された「LOVE!ジフン祭り」に行ってきた。
このイベントは、チュ・ジフン本人がいないチュ・ジフンファンミーティングである。

「ジフンの素」という雑誌が発売されるが、その発行元が主催したイベントで、前半は東京で3月に開催されたチュ・ジフンファンミーティングで司会をした田代親世さんとライターの高橋尚子さんの対談。後半が、「ジフンの素」についているDVDの上映会だった。

田代親世さんと高橋尚子さんの対談は「偏愛・ジフン対談」というタイトルにふさわしく、ジフニへの愛情あふれるトークが楽しめた。
DVDの映像では、ジフニは白いシャツを着ていたが、自前だそうで、おまけにシミまでついたもの。
1人暮らしで洗濯が上手くできなかったそうで、「煮沸しなきゃダメかな」なんて、生活感あふれる映像まであった。

このイベントは、ソウル往復1万円の航空券を教えてくれたチュ・ジフンファン仲間と行ったが、ソウルで開催されたチュ・ジフンバースデーパーティーで、行きも帰りも、また一部ソウルでもご一緒した人とも、偶然、再会した。
私にとって、今日は、イベントだけでなく、それ以上に収穫のあった日だった。

| | コメント (4)
|

2007年9月27日 (木)

田代親世さんとの出会い

昨夜、知人のバーティーに行ったら、田代親世さんも来ていた。
田代さんは、名刺の肩書きによると「アナウンサー&ライター」、そして「韓国エンターテインメントナビゲーター」。
韓国ドラマや映画の好きな人には、おなじみの人である。
田代さんの名刺の名前は、漢字とローマ字の他に、ハングルでも書いてある。

田代さんは、今年3月に東京で開催されたチュ・ジフンのファンミーティングでは司会をし、また、今週末にお台場で開催される本人のいない「チュ・ジフンファンミーティング」にも出演して、ライターの人と2人でジフニの話もする予定になっている。

田代さんとは、ジフニの話や韓国ドラマ、韓国俳優の話などしたが、まさか昨日、田代さんと会えるとは思っていなかったので、思わぬ展開がおもしろかった。

| | コメント (3)
|

2007年9月24日 (月)

「太王四神記」

18日の夜、ソウルのホテルでテレビをつけたら、ヨン様が映った。
「太王四神記」だというのはすぐわかった。

このドラマの撮影のため、ヨン様はかなり前から髪を伸ばしていた。
スーツ姿に髪を結んでいるヨン様を見たときは、「ちょっとねぇ・・・」という感じだったが、このドラマでのヨン様はなかなかステキだ。

後で知ったのだが、先々週から放送が始まった「太王四神記」は、最初の週は子役が演じていて、この日からヨン様が登場したのだった。
この日の視聴率は30%くらいだったそうだが、おもしろそうなドラマだった。

| | コメント (0)
|

2007年9月23日 (日)

ル・コルビュジエ展

昨日、六本木ヒルズにある森美術館に、ル・コルビュジエ展を観に行った。
5月26日から開催していたのだが、なかなか行くことができず、9月24日までだったので、「何としても行かなければ!」と思い、行ってきた。

ル・コルビュジエは建築家だが、絵画や彫刻の作品も残していた。
会場に入っていくと、まず絵画が展示してあった。
やはり興味があるのは彼の建築なので、絵画はサラッと見ていった。

会場では、彼が妻のために作った小さな家や、2階建ての家が原寸大で再現されており、そこに入り、彼の作品を体感することもできた。
映像もたくさんあり、全部観ると、3時間もかかった。
当初は、1時間くらいでサラッと観ることができるかと思っていたが、予想外に見応えがあった。

| | コメント (2)
|

2007年9月21日 (金)

韓国ドラマロケ地巡り

また韓国に行ってきた。
今年4回目の韓国である。
5月中旬から6月はじめにかけて、3週間に3回、それも最終週は1週間に2回も行ったが、3か月半ぶりに行ったソウルは、気温35度の東京より、10度も気温が低く、快適だった。
暑い日でも20度台だったので、ソウルに避暑に行っていたような感じである。
今日、東京に戻ってきたら、久々の暑さだった。

5月は、1回目が「魔王撮影現場潜入+ロケ地巡り」、2回目は「魔王放送終了イベント参加+ロケ地巡り」、3回目は「チュ・ジフンバースデーパーティー参加+ロケ地巡り」だった。
今回は、当初はジフニが主演するはずだったドラマ「ホン・ギルドン撮影現場潜入+ロケ地巡り」の予定だったが、ジフニが降板してしまったため、5月に行かれなかったロケ地に行くことにした。

今回は、とてもコストパフォーマンスのよい旅行で、JALのソウル往復航空券を、なんと1万円で入手した。
いつもは安い航空券を取るのに、結構、手間と時間がかかるのだが、今回は、このブログの読者であり、ソウルで開催された「魔王」放送終了イベントのときに一緒に食事をしたチュ・ジフンファン仲間の人が、この航空券を教えてくれたため、こんなに安いチケットを簡単に取ることができた。

今回行ったロケ地は、かなり苦労して探したところもあったが、そこでは「チュ・ジフンシ サイン(チュ・ジフンさんのサイン)」と、撮影時にジフニが書いたサインを持ってきて見せてくれた。

5月には、ジフニ関連のドラマのロケ地にかなり行ったが、ブログにはぜんぜんUPしていなかった。
というか、書こうと思っていたが、イベントが集中しすぎていて、書かないうちに、8月下旬に体調不良でダウンし、そして9月も下旬になってしまった(笑)。
今回は、過去に行ったロケ地も含め、なるべく早いうちにUPしていこうと思う。
「宮」のロケ地ファンには、5月そして今回と、「衝撃の」事実も起きていた。

ところで、今日帰国して1日半ぶりにネットにアクセスしたら、昨日、チュ・ジフン写真集の写真展とチュ・ジフンサイン会のことが、ようやく発表されたようである。
写真展とジフニのサイン会があることは、8月はじめに知っていたのだが、なかなか発表されないため、こちらでも書けなかった。

まだサイン会の日にちは発表されていないが、8月はじめ時点で、チュ・ジフン側(つまり所属事務所のヨベクエンターテイメント)がOKを出している日にちに変更がなければ、ジフニは比較的長めの日本滞在になると思う。
「ホン・ギルドンの撮影中なのに、こんな滞在日程で大丈夫なのか」と、その時には思ったが、ドラマは降板したので、日程的にも余裕があるのだろうか。

「ホン・ギルドン」の降板理由は、チュ・ジフン側(ヨベクエンターテイメント)が高額のギャラを要求したたが、制作会社のオリーブ9がその要求を呑まなかったためと報道されている。
オリーブ9はチュ・ジフンのドラマ2作目「魔王」を制作した会社で、3作目ということを配慮して「魔王」よりギャラをアップさせて提示したが、折り合いが付かないくらい、高額なギャラの要求だったようである。

演技はまだまだこれからというジフニは、脚本や監督に鍛えられ、先輩の共演者たちに揉まれることで演技力がついていくのに、ヨベクにその機会が奪われてしまったことが、彼にとって残念でならない。
ヨベクは、韓国でのドラマ出演よりも、お金になる日本でのイベントのほうを重視しているように思うのは、私だけだろうか。

| | コメント (2)
|

2007年9月18日 (火)

顔写真

チュ・ジフン公式ファンクラブの会員証の裏には、自分の顔写真を貼るようになっているため、会員の間では、「できるだけ美しい写真を貼りたい」とか「できるだけ若いときの写真を貼りたい」、また「顔写真のためにやせたい」と、ちょっとした騒ぎになっているようだ(笑)。

写真は、撮る人によってずいぶん違ってくる。
私の場合、雑誌等に載る時は、プロのカメラマンが写真を撮ってくれるが、以前、保険会社の社長と雑誌で対談するとき、「首相クラスを撮っているカメラマンですから、期待してくださいね」と編集者から言われた。
だが、載った写真を見ると、男性の社長はいい感じに写っているが、私は何だか硬い感じ。
社長をメインにカメラマンを選んだため、男性を写すのが得意なカメラマンだったようだ。

逆に、女性を撮るのが得意なのが、「anan」や「クロワッサン」のカメラマン。
これらの雑誌の撮影は、きれいに撮ってくれるので、期待してしまう。
それでも写りが「ちょっと・・・」という場合は、やはり実物に問題あり(笑)ということで、「ダイエットしなきゃ!」ということになる。

最近は、雑誌の撮影も、デジカメで撮ることも多いが、フィルムの場合は、顔写真1枚のために、36枚撮りフィルム3本くらいは使う。最低でも、1本。
それも普通のフィルムではなく、高いリバーサルフィルムを使う。
もちろん、照明も2つセッティングする。
だからカメラマンの荷物の量はすごい。

以前、日経EWで、篠山紀信が「エグゼクティブ・ウーマン」を撮る企画があった。
みなさん、なかなかきれいに写っていた。
そこで、私の連載の担当の編集者に、「私も篠山紀信に撮って欲しい!」と言ったら、「撮影の際には、ヘアメイクさんもつけてきれいにするから、その時点でかなりきれいになるんですよ」と言われた。
でも、やっぱり1度は、篠山紀信に写真を撮ってもらいたいと思う。

| | コメント (0)
|

2007年9月15日 (土)

チュ・ジフンファンクラブ会員証

けさ、チュ・ジフンファンクラブの会員証が届いた。
カード表面のジフニの写真は、Clrideの秋冬物の撮影のときのもの。
もっといい写真、あると思うけど・・・

裏には、自分の顔写真を貼るようになっている。
ファンミーティングの時の、本人確認のためだろう。
「同封」の証明シールを写真の上に貼り、その上から透明シールを貼るようになっているようだ。
「ようだ」というのは、そのシールが両方とも同封されていなかったから。
大丈夫か!フラウ・・・

| | コメント (5)
|

2007年9月12日 (水)

安倍総理辞任表明

今日、突然、安倍総理が辞任表明した。
なぜ、このタイミングで?
参院選で大敗しても、続投するつもりだったのに、緊張の糸がプツリと切れたのだろうか。
もしかして、今日、辞任表明することになったことに、いちばん驚いているのは、本人だったりして・・・

| | コメント (0)
|

2007年9月 8日 (土)

梅シロップ

P6120005まだ体調はすっきりしないが、最近、五味子茶だけでなく、からだにいいと言われるものは、いろいろ試している。

疲れにはクエン酸が効くというので、最近飲み始めたのは、梅シロップの水割り。
青梅が出回っている頃に作っておいた物だ。

青梅に何カ所か切れ目を入れ、ガラスビンに入れ、そこに砂糖を入れる。
1週間もすると、青梅から出る水分で、砂糖が全部溶けている。
それを冷蔵庫に入れておいた。

その梅シロップを5倍くらいに水で薄めて、「クエン酸効果」を期待して飲むと、ちょっと疲れが取れるような気がする。
つけておいた梅の実も、もちろん食べることができる。

| | コメント (0)
|

2007年9月 4日 (火)

ニンニク注射

また夏バテなのか、身体がだるくて、何もやる気がしない。
眠くなるので、1日の半分くらいは寝ている状態。
やはり身体が疲れていて、睡眠を必要としているのだろうか。

いろいろ健康食品やサプリメントも摂っているが、どうしようもない状態なので、昨日、クリニックでニンニク注射を打ってもらった。
ニンニク注射といっても、ニンニクのエキスが入っているわけではない。
ビタミン注射で、打つときに鼻孔にニンニクと同じ匂いがする。

先週もニンニク注射を打ったのだが、このときは少し元気になったときだったから、あまり効果がわからなかったが、今回は、かなり弱っていたときなので、少しラクになった。

| | コメント (2)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »