« KBSドラマセンター 第9章 | トップページ | クリスマスの花 »

2007年12月14日 (金)

KBSドラマセンター 第10章

しばらくジフニの撮影を見ていたが、KBS職員の人に促されて、スタジオを出た。

KBSドラマセンターに来たとき、スケジュールボードに「魔王」と「チュ・ジフン」の名前を見つけたときは、予想が的中してうれしかったが、その後のKBS職員の「撮影は見られないんですよ」のひと言で、がっかり。
でも、「魔王」の撮影スタジオ前を通るとき、後ろ髪を引かれる思いでつぶやいた「マワン」のひと言。
そのひと言から、すべては始まった。

KBS職員の人の厚意がなければ、もちろん「魔王」の撮影を見せてもらうことはできなかったが、屋外セットを見るために外に出ようとしたとき、突然、大粒の雨が降らなかったら、ジフニの撮影は見ることができなかった。

最初、スタジオに入れてもらったときは、「オム・テウンのシーンだ。ジフニじゃない・・・」とちょっとがっかりしたが、オム・テウンさんも主役の1人なのだから、その人の撮影シーンを見ることができたというのも、スゴイことだろう。
タイミングが悪ければ、脇役の人しか見られなかったかもしれない。

人の厚意と幸運に恵まれ、ジフニの撮影をスタジオで見ることができたが、予想外の展開で願っていたことが実現して、私は感激で胸がいっぱいだった。
ジフニと目が合ってからは、夢の中にいるようで、ボーッとしてしまった。

案内してくれた2人のKBS職員の人にお礼を言って、ドラマセンターを後にした。

外に出ると、雨はすでに上がっていた。

|
|

« KBSドラマセンター 第9章 | トップページ | クリスマスの花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国ドラマ撮影地」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
私も同じ頃、同じ理由でジフニにはまったものです。
でも、2,3ヶ月前からこのブログを知り、とてもたのしませていただいております。 今回は予想外の展開にわくわくしながら、記事を読ませていただきました。
そしてとうとうメールさせていただきました。
本当におもしろいです。
うらやましいとともに、自分が体験したような感覚になれました。
ありがとうございます。(図々しいかな)
私も元気だけが取り柄ですが、古鉄さんのパワーを分けていただいて、ますます、のめり込みたいと思います。

投稿: | 2007年12月15日 (土) 00時20分

古鉄さん、遅くミアネ~。オモオモこれは現地ソウルからのブログですね。お疲れさまです。いよいよ今日ですね。どんなジフニが見られるのでしょうか?何かスゴイGUESTいっぱいとか…いいなぁ~(笑)留守番組は古鉄節たっぷりのレポート待ってます。ジフニお茶目なことやってくれるかな?ややKYなところあるから…その辺の集中鑑賞(?)ヨロシクです。

投稿: marina | 2007年12月15日 (土) 00時41分

名前なしさん

はじめまして。
おもしろいと言っていただいて、うれしいです。
5月に2章まで書いたっきりになっていたので、気にはなっていたのですが、なかなか続きが書けず。
ここで一気に書きました。

のめり込みすぎると、ジフニビンボーになりますよ(笑)。


marinaさん
実は出発前日に留守中にUPするものを書いて、UP予約して行ったんですよ。
「フツーのブログがUPされていたら、読んでいる人は、私がソウルにいるなんて、思わないよね~」と同行者に言ったら、私のことだから「ソウルに行っていると思われているよ」と言われてしまいました(笑)。

創団式に、ゲストは誰もいませんでした。

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年12月19日 (水) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KBSドラマセンター 第9章 | トップページ | クリスマスの花 »