« KBSドラマセンター 第8章 | トップページ | KBSドラマセンター 第10章 »

2007年12月12日 (水)

KBSドラマセンター 第9章

スタッフの人たちが撮影準備をしているとき、私たちはパク・チャンホン監督の後ろで、隣のセットの壁のところにいた。

すると、左のほうからジフニが入ってきた。
入ってくるなり、私のほうを見て、ペコリとおじぎをした。
いきなりジフニと目が合ってしまったので、ドギマギしたが、私も思わずペコリとジフニにおじぎをした。
ジフニは、日本からファンが撮影を見に来ていると、スタッフの人から聞いたのだろうか。

その後、監督に向かってペコリ、撮影スタッフの人にペコリペコリとおじぎをしながらセットに入っていった。

今度の撮影は、警察でスンハ(チュ・ジフン)がソクジンに面会するシーンである。
最初はスンハがテーブルの左、ソクジンが右の席に座ったが、監督が2人の場所を入れ替えた。

ジフニとソクジン役の俳優がセットに入っても、しばらく撮影準備が続いた。
監督がカメラワークをカメラの人と打ち合わせしているときなどは、ジフニはヒマなのだが、右側の席に座ってからというもの、ジフニは撮影が始まるまで、ずっと右足を貧乏揺すりさせていた。

そして撮影が始まり、監督の前のモニターには、その前に決めたとおりのカメラワークで、2人の映像が映し出されていた。
監督は座っていたが、私は監督のすぐ後ろに立って、ジフニの演技を見ていた。

セリフの初めのところだけでも、何度も撮り直しをしていたが、撮り直しをするたびに、監督はジフニに演技のアドバイスをしていた。
その間、ジフニは監督のほうを見ているので、監督のすぐ後ろに立っていた私は、ジフニの視線を感じていた。

|
|

« KBSドラマセンター 第8章 | トップページ | KBSドラマセンター 第10章 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

韓国ドラマ撮影地」カテゴリの記事

コメント

最近の記事 ドキドキしながら見てました
とうとう ジフニと接近遭遇!
第3種接近遭遇(かなり古い)なるのか!?
それにしても うらやましすぎですよ!

投稿: 蘭蘭105 | 2007年12月13日 (木) 00時40分

蘭蘭105さん

かなり調べて、月曜日に見学するために大変な思いをしてドラマセンターまでたどり着いたけど、ホントにジフニの撮影を見られるなんて・・・
と感激しました。

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年12月13日 (木) 10時58分

古鉄さん、お誕生日おめでとうございます!

(どこかで古鉄さんのプロフィールを、私の父と同じ誕生日だわと思いながら見た記憶があるのですが、もし間違えていたらごめんなさい)

ドラマセンターの記事、臨場感があって本当にドキドキしています。古鉄さんの「大変な思い・・」のおかげで私も幸せを分けてもらっています♪

投稿: ike | 2007年12月13日 (木) 20時57分

とうとうジフニと目が合いましたか!

本当に羨ましい限り。。。撮影を見られる
だけでも凄いことなのに、、、。

読んでいる私もドキドキしちゃいます(笑)

しばらく余韻に浸れそうですね~。

投稿: ポチ | 2007年12月13日 (木) 22時57分

ikeさん

ありがとうございます。
この日の夜便でソウルに行きました。
バースデーディナーが機内食というのも寂しいので、昼に集まってもらって、フレンチレストランでバースデーランチをしました。
ドラマセンターのレポート、喜んでいただいて、なによりです。


ポチさん

あのときのことは、7か月経った今でも、はっきり覚えているんですよね~
何度も生ジフニを見ているけど、このときがやはりいちばん感激しました。

投稿: 古鉄恵美子 | 2007年12月19日 (水) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« KBSドラマセンター 第8章 | トップページ | KBSドラマセンター 第10章 »