« 1月の花 | トップページ | 「アンティーク」撮影地ツアー 第1章 »

2008年1月26日 (土)

極寒のソウル

寒いのが苦手で、1月と2月にはソウルに行くことは決してないと思っていたが、行ってしまった。
もちろん、チュ・ジフンに会うためである。
ソウルは最高気温が氷点下。
チュ・ジフンへの想いは、ついに私を極寒の地に行かせてしまった。

今回の主な目的は、映画「アンティーク」の撮影地に行くのと、チュ・ジフンとの交流会。
このツアーが発表されたのが、ソウルでのファンクラブの創団式から戻った翌日。
すぐに申込みしなければならない状況だった。
「チュ・ジフン」とあると、反射的に申し込んでしまう自分が恐い(笑)。

出発前の天気予報では、出発日から寒くなり、最高気温が-4℃。最低気温はなんと-14℃。
正直なところ、行きたくない思いが強かった。
だが、絶対に後悔するので、キャンセルはもちろんしなかった。

今回は2泊3日のツアーなので、駆け足のソウル旅だったが、VOGUEGIRLにジフニの写真が載った「cafe Bricklane st.」と、「宮」でシン君が玉子をぶつけられた美術館、「魔王」のスンハの事務所入り口に行くことができた。

初日の夜は、最近よく行っているが、ジフニ関係のロケ地が密集している弘大あたりにも行った。
「宮」のロケ地のお店で、行くたびに変わっているところがあるが、前回は改装中だったのだが、今回、お茶を飲めるお店に変わっていたので、そこでお茶をしたりしていた。

今回、参加者用に作られたアンティークのジフニのポスターをもらったが、このジフニはなかなかよかった。

|
|

« 1月の花 | トップページ | 「アンティーク」撮影地ツアー 第1章 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お声はかけそびれてしまったのですが
同じツアーでバスもご一緒でした。

短い時間でしたが、
あの人数での1時間は
大きなホールでの3時間より個人的には満足でした。
ポスターの写真~本当に素敵ですね♪
できれば集合写真も、あの雰囲気だったら。。。
デコ出し黒ニット帽眼鏡はちょっと残念でした。
日本での映画公開も決まったようで楽しみですね♪
その前に5月の舞台挨拶&センイルツアーで又ソウルへGOですね(笑)

投稿: hiroko0726 | 2008年1月27日 (日) 13時32分

ツアーお疲れ様です。

本当にソウルは寒かったですね。
でもジフニに会えるということで
寒さも多少は和らいだような??

アンティークのロケ地はもちろん、
午前中は、魔王のロケ地ツアーにも
参加、交流会も比較的、近くで見れた
ので、とても楽しかったです。

短期間でしたが、ジフニ一色の旅で
満足でした。

そう、古鉄さん、もしや1号車でしたか?
私も1号車で、古鉄さんかなぁ?と思った
方がいらしたのですが、自信がなく、お声
はかけられなかったのですが???

投稿: ポチ | 2008年1月27日 (日) 14時58分

hiroko0726さん
ポチさん

お疲れさまでした。
バスは1号車でした。
アンティークポスターのジフニが好きなのですが、おでこ全開でニット帽、黒縁メガネで出てきたのが、残念でした。

交流会はもっと短い時間かと思っていたけど、小さい会場で1時間いてくれてよかったですね。

投稿: 古鉄恵美子 | 2008年1月27日 (日) 20時54分

ツアーお疲れさまでした。
滞在二泊三日と言っても実質二日の弾丸ツアーでしたが、充実した時間でした。
セットも中まで見ることができたし、
交流会の会場も三百人規模でちょうどいい感じで和やかな温かい交流会でしたね。
はじめて参加しましたが行ってよかったです。
勇気がなくてお声がかけられなかったのですが、次回はぜひと思っています。
よろしくお願いします。

投稿: yannyon | 2008年1月29日 (火) 13時24分

yannyonさん

これまで行った韓国旅行では、いちばん短い滞在時間でしたけど、300人規模での交流会は、和やかな感じでよかったですね。

投稿: 古鉄恵美子 | 2008年1月29日 (火) 23時35分

お久しぶりです。なかなか充実した
ツアーだったようですね。
暖かくなったらまた、韓国に行きたいなと
思っています。日程があえばご一緒して
くださいね!
(寒いのは苦手です。今日も雪がふって
いるので引きこもってます。)

投稿: つー | 2008年2月 3日 (日) 13時44分

つーさん

ツアーが充実していたわけではないのですが、短い時間に自分たちであちこち行きました。

投稿: 古鉄恵美子 | 2008年2月 7日 (木) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月の花 | トップページ | 「アンティーク」撮影地ツアー 第1章 »