« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

パーティー

風邪で数日寝込んでしまったが、風邪を引く前夜は、出席者が250人もいるパーティーに行っていた。
風邪を引かないためには、「人混みの中に行かない」というのがあるが、人混みの中へ行ってしまった(笑)。
風邪を引いている人は、普段マスクをしていても、パーティーのときにはしないし。
きっと風邪引きさんがいたのだろう。

出席者の中には、チュ・ジフンファンミーティングで司会をした田代親世さんもいた。
昨年もパーティーで田代さんに会ったが、同じ主催者のパーティーなので、会っても不思議ではないが。
主催者はメディア関係の人なので、出席者は、やはり出版社や新聞社、テレビ局の人や、そこで仕事をしている人が多い。

田代さんと話していると、アナウンサーをしているという人が2人来た。
田代さんの名刺には、ハングルでも名前が書いてあるので、「どうして?」と2人は思ったようだ。

私は、この2人は田代さんのことを知らないと思ったので、「田代さんは、韓流ブームになる前から韓国映画やドラマが好きで、衛星劇場で韓国映画をやるときには、解説もしているんです。韓国から俳優が来てファンミーティングをやるときには司会をしますし。私の大・大・大好きなチュ・ジフンのファンミの司会もしたし(いいなぁ・・・)。韓流ファンで田代さんを知らない人はいません(キッパリ)。」と言ったら、「マネージャーのような説明、ありがとうございます。」と田代さんに言われた(笑)。

田代さんがどんな仕事をしているか、きっと出席者の中では、私がよく知ってほうかもしれない。
田代さんは、今年はこれまでの韓流の活動をまとめる本を出す予定だそうだ。
ちなみに田代さんが目指しているのは脚本家。
どんな脚本なのか、こちらも楽しみである。

| | コメント (0)
|

2008年2月28日 (木)

お誕生日

今年のチュ・ジフンの誕生日には、ファンクラブのバースデーパーティーが韓国で開催される。
昨年は、本当の誕生日である5月16日をずいぶんすぎてからパーティーがあったが、今年は誕生日当日である。

P1000155昨年の私の誕生日は、チュ・ジフンファンクラブ創団式に出席するため、夜はソウルにいた。
バースデーディナーが機内食というのは寂しいので、お昼は神楽坂の「ラ・マティエール」でランチ会をした。
このお店は気に入っているので、一昨年のバースデーディナーもここだった。
誕生日ということで、デザートにデコレーションをしてくれ、「Happy Birthday」の歌をお店の人も歌ってくれた。

昨年から体調不良やむち打ち症など、「どうしたの~?」ということが続いているので、ブログに書くと、直接、お見舞いメールをもらったり、お見舞いコメントをいただいているが、むち打ち症がよくなったと思ったら、今度は風邪を引いて寝込んでしまった。
外から帰ったら、うがいと手洗いをし、気をつけていたのに・・・
今日の書道教室は、欠席してしまった。

| | コメント (4)
|

2008年2月25日 (月)

疑惑の銃弾

二十数年前、電車に乗っていて週刊文春の吊り広告を見たときの驚きは、今でも覚えている。
そこには、「疑惑の銃弾」という連載のタイトルが、大きく載っていた。
その後には、「ロスで妻を銃撃され、悲劇の主人公のようにマスコミに取り上げられた夫は、その後、1億5500万円の保険金を受け取っていた」ということが書かれていた。
これが連載の1回目の広告だったが、この記事により「ロス疑惑」という言葉ができた。

ロスでの銃撃事件は、ワイドショーでも連日取り上げられ、夫は悲劇の主人公だった。
それからしばらく経ち、人々の記憶も薄れてきた頃、週刊文春の連載は始まった。

夫の三浦和義被告は、妻の殺人容疑については、最高裁で無罪が確定した。
日本での裁判では、証拠不十分で「無罪」となり、この事件については、すでに過去のものとなっていた。

ところが2月22日、アメリカの自治領であるサイパンで、三浦和義容疑者はサイパンまで出向いたロス市警の警官に、殺人容疑で逮捕された。
日本で「無罪」になっても、同じ事件でアメリカで逮捕されるというのも驚きだった。

それに、この事件は1981年の事件である。
もう時効になっているのではないかとも思った。
だが、殺人罪の場合、アメリカには時効がないのだそうで、未解決事件として今まで捜査の対象となっていた。

日本では証拠不十分として「無罪」となったこの事件。
ここでロス市警が逮捕したということは、それだけ大きな証拠をつかんだということだろうか。

| | コメント (0)
|

2008年2月24日 (日)

「宮」全話一挙放送

昨日から今日にかけ、Mnetで「宮」が全話、連続放送された。
「宮」は全24話だが、この放送を録画するには30時間かかる。
全話録画するためには、HDDを30時間分空けなければならない。
そのため、不要なものは削除し、必要なものはDVDに移し、なんとか一昨日までに30時間分空けた。

販売されている「宮」のDVDやレンタルのものは、字幕が地上波で放送したものと同じで、私はMnetの字幕のほうが気に入っている。
「宮」はMnetを録画したものを持っているが、これはDVD1枚に3話入っている。
今回録画しようとしたのは、画質が少しでもいいように、SPで1枚に2話入れるためである。

昨日、テレビをつけたら、4話の終わりのほうを放送していた。続けて5話を観たら・・・右上に赤い「m」のロゴが入っている。
Mnetでは、ドラマにはロゴを入れずに放送する方針で、ロゴを入れて放送してしまった「雪の女王」の第2話は、再度放送するという措置をとった。
夜、帰宅して録画したものを確認したら、第10話にもロゴが入っている。

Mnetの赤いロゴは、かなり目立つので、「雪の女王」が再度ロゴなしのものを放送するのであれば、ぜひ「宮」の第5話と第10話も同じように再放送して欲しい。

so-netも、以前は大きなマークが入っていたが、昨年12月頃からあまり目立たないロゴに変わって、うれしかった。

昨夜は、「宮」を観ていると、連続で放送するので、つい寝る時間が遅くなってしまい、朝型宣言は、どこかに行ってしまった。

この頃のホッペが今よりぷっくりしているチュ・ジフンも、やっぱりいいなぁと再認識した。

| | コメント (0)
|

2008年2月21日 (木)

確定申告

けさ、税務署に行って確定申告の書類を提出してきた。
自営業者になって十数年、毎年繰り返される「季節行事」だが、提出が終わると、ホッとする。

確定申告の書類を書いていると、昨年の仕事の反省や、今後のビジネス展開など、いろいろなことを考えるので、なかなか書き終わらない。

いろいろ思うことはあるが、今年はまず朝型にしようと思う。
ここ数日、朝型生活をしているが、ずっと夜型だったので、まだ体が慣れない感じだ。
でも、早起きの気持ちよさは知った。
午前中が長いと、1日が長く感じる。

| | コメント (2)
|

2008年2月18日 (月)

BGM

仕事をするときは、韓国ドラマのOSTをBGMとしてかけていることも多いが、最近のBGMは「宮」のOST。
私が持っているのは、韓国盤である。

だが「宮」のOSTは、仕事の時のBGMとしては、あまりふさわしくないようだ。
曲を聴くと、その曲が流れたシーンを無意識に思い出してしまうからかもしれない。
韓国盤のOSTには、「おうむ」が入っていなくて残念だが、これが入っていたら、こみ上げてくる想いがあって、本当に仕事にならない(笑)。

韓国盤の2枚目「宮 外傳」は、仕事の時のBGMにはかけない。
このOSTには、シン君(チュ・ジフン)の切ない告白のセリフが入っていて、それを聞くと、とても仕事どころではなくなるからだ。

| | コメント (3)
|

2008年2月16日 (土)

2月の花

P1000496先日のお花の教室は、桜が入っている組み合わせがあったようだが、出遅れてしまって、私が行ったときにはもうなかった。
他の組み合わせで今の季節らしいのでは、梅が入っているのがあったので、それを選んだ。

今回の組み合わせは、梅、アイリス、ストック。
P1000493_9今は梅のつぼみが開いて、白い花が咲いている。
小さな白い花が可憐な感じである。

昔は、桜より梅のほうが好きだった。
桜というと、花より宴会のほうがメインになってしまう「お花見」を連想してしまうのもあったと思う。

青梅に梅を見に行ったこともあるが、もう何年も梅見に行っていない。

| | コメント (2)
|

2008年2月12日 (火)

南大門焼失

昨日のニュースで、ソウルの南大門が放火され、燃えさかる火の中、木造部分が崩れ落ちていく映像には驚いてしまった。

南大門は正式名称を「崇禮門」といい、1398年に建てられた。
ソウルで最も古い木造建築で、韓国の「国宝1号」だった。
南大門のところは、何度も通ったことがあるが、中に入れるのは知らなかった。
身近なところに「国宝1号」がある是非はともかくとして、簡単に放火でき、610年存在し続けた建物が数時間で焼失してしまった。

鎮火後の無惨な姿の南大門の画像を見ると、心が痛い。

| | コメント (2)
|

2008年2月 8日 (金)

新年

昨日は旧暦の元旦だった。
昨年はヒサンなことが多く、友人に「大殺界じゃないの?」と言われ、調べてみたら「大殺界 停滞」。
大殺界のど真ん中だった。
今年は大殺界の最後の年「減退」である。

今年は昨年よりは良くなるんじゃないの?と思っていたら、早速のむち打ち症。
でも、昨日から新年だと思うと、やったのは去年だから、今年はいいことあるかなぁ・・・と思っていたら、昨日からちょっと明かりが差してきた。
オフィシャルサイトをオープンさせたのも、効果があったようだ。

韓国は旧暦で新年を祝うようで、チュ・ジフンオフィシャルサイトで、ジフニが昨日、新年の挨拶を書いていた。

| | コメント (2)
|

2008年2月 5日 (火)

今度は・・・

年末からの体調不良は、まだ完全に回復していないが、今度はむち打ち症になってしまった。
原因はナイショ。
むち打ち症なんて、初体験だ。
こんなこと、体験しないほうがいいが。

それにしても首が痛い。

| | コメント (4)
|

2008年2月 2日 (土)

「アンティーク」撮影地ツアー 第2章

私たちはバスに乗って、チュ・ジフンとの交流会のため、隣の劇場に移った。
そして、今度は座席の抽選。
封筒を取って番号を見ると、「・・・」と思ったが、行ってみたら、なかなかいい席だった。
劇場は、300人弱の人数が入るには、ちょうどいい大きさだった。

監督は交流会に行ってもOKと言ったそうだが、ジフニは盛り上げている感情が途切れてしまうということで、撮影しており、なかなか来ない。

そこで、時間つなぎのため、ジャンケン大会が始まった。
最後に勝った人には、ジフニとの握手+ツーショット写真がプレゼントされる。
私はすぐに敗退してしまった。

そして、「ジフンシ~サランヘヨ~(ジフンさん愛してます)」(手は頭の上でハートマーク)の練習をさせられた。

それにしても、なかなか来ないジフニ。
時間つなぎも限界となった頃、ジフニはやってきた。

| | コメント (2)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »