« ミス桜コンテスト | トップページ | ねんきん特別便~その後 »

2008年4月 9日 (水)

ねんきん特別便

3月末、私にも「ねんきん特別便」が届いた。
年金加入記録に漏れがある可能性のある人に発送された、水色の封筒のものだ。

ねんきん記録のお知らせを見たら・・・
私の加入記録は国民年金だけで、会社員だったときに加入していた厚生年金保険の加入月数が「0」。
つまり、厚生年金保険にまったく加入していたことがないということになっていた。

私は年金手帳を2冊持っていたので、かなり昔に、区役所の窓口に行き、1冊にまとめてもらった。
なので、今持っている年金手帳には、厚生年金保険の記号や番号も記載されている。

さっき、あらためて年金手帳を開いてみたら、「国民年金の記録」のページには、「ねんきん特別便」に書いてある資格取得年月日と同じ日にちが「被保険者となった日」に書いてある。
だが、「厚生年金保険・船員保険の記録」には、何も書いてない。

区役所の窓口で1冊にまとめてもらったとき、当然、厚生年金保険の加入記録も転記されていると思い込んでいたため、あらためてチェックしたことがなかった。

5000万件の「宙に浮いた年金記録」の中の1件は、私の年金記録だったのだ。
こんなことにならないように、区役所で年金手帳を1冊にまとめてもらったのに・・・
今回、「ねんきん特別便」が届いてはじめて事態に気づいたのだが、当時の区役所の窓口の手続きが、あまりにもずさんだったのではないかと思う。

ちなみに、公的年金は、通算で25年間加入していないと、年金は1円ももらえない。
それまでに多額の年金保険料を支払っていたとしてもだ。
年金加入記録が抜け落ちていたら、年金額が少なくなるだけならまだしも、25年間の加入期間を満たしていないとみなされ、公的年金をまったくもらえないケースだって出てくるのである。

まだ「ねんきん特別便」は届かないが、不安だという人は、社会保険庁のサイトで自分の加入記録を確認したほうがいいだろう。

|
|

« ミス桜コンテスト | トップページ | ねんきん特別便~その後 »

保険・金融」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にずさんで、驚いてしまいますよね。

私の友人も年金記録がまったくの空白だった
そうで、怒りのメールがきましたdash

とても3月末で片付く話じゃありません
でしたね(笑)

投稿: ポチ | 2008年4月10日 (木) 21時07分

ポチさん

ホントに唖然としてしまいました。
こんなことだから、保険料を払いたくないという人が増えるんですよね。

投稿: 古鉄恵美子 | 2008年4月10日 (木) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミス桜コンテスト | トップページ | ねんきん特別便~その後 »