« ねんきん特別便~その後 | トップページ | 4月の花 »

2008年4月11日 (金)

ねんきん特別便~こんなケースも

書道教室に行ったとき、「ねんきん特別便」に厚生年金保険の加入記録がまったくなかったということを話したら、企業で給与関係の部署で働いている人が、最近、「ねんきん特別便」が届いて、数十年前に会社を辞めた人が、厚生年金保険の加入記録を尋ねてくるので、大変だという。
「数十年前の記録なんて、なかったりするのに」と。

また、こんな話もしてくれた。
会社を定年退職して、その後、どこにも勤務していない人の「ねんきん特別便」が、退職後に別の会社で厚生年金保険に加入していることになっていて、問い合わせしてきた人がいたと。

「よくある名前の人ですか?」と尋ねると、同姓同名の人がたくさんいそうな名前だった。
きっと、名寄せした時点で、生年月日などをよく確認しないで、名前が同じだから、その人の厚生年金保険だと社会保険庁は判断したのではないかと思う。

その人は、自分が保険料を支払っていない分も、厚生年金保険がもらえるのでいいかもしれないが、本来の加入者が「ねんきん特別便」に厚生年金保険の加入歴が漏れているということを社会保険庁に申請しなければ、自分が保険料を支払っていても、その恩恵は同姓同名の他人が受けることになる。

どこまでいいかげんなのか!社会保険庁。

|
|

« ねんきん特別便~その後 | トップページ | 4月の花 »

保険・金融」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ねんきん特別便~その後 | トップページ | 4月の花 »