« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

今日も大変なことに・・・

朝起きて、インターネットニュースチェックしたら、なんとアメリカの下院で金融安定化法案が否決され、株式市場は急落。
ダウ平均株価は前日終値から777.68ドルも下げた。
過去最大の下げ幅である。
こんなことで「777」になってもねぇ・・・
この法案が成立するだろうということで、何とか株価が持ちこたえていたのに、否決ですか・・・
もう、ため息しか出ない・・・

東京市場もすごいことになるだろうなぁ・・・ということは当然予想されるので、朝から憂鬱な気分。
いきなり下げて始まるため、空売りもできないし、買いを入れるのも怖くてできない。

今日の日経平均は一時、前日比582円78銭安まで下げ、引けは前日比483円75銭安の1万1259円86銭となり、今年の最安値を更新した。

何だか今日は、食欲があまりない。
昨夜はフランス料理のフルコースだったから、今日は軽めに食べたほうがいいのだが、株価暴落ダイエットなんて、イヤだ。

明日はどうなるんだろう・・・

| | コメント (0)
|

2008年9月27日 (土)

「恋愛新党」

日本テレビ系で4月から金曜深夜(正確に言うと土曜日)に放送していた「恋愛新党」が、今日で終了した。

この番組は、恋愛新党の党首である堺雅人が「女性の流行が恋愛の障害になっている」ということで、毎回テーマを決めて演説をするという内容。

堺雅人は舞台出身だけあって、演説の滑舌もよく、またドラマでは観ることができない弾けっぷりがなかなかよかった。
特に最終回の今日の熱い演説は、これまでで最高の弾けっぷりだった。
毎週楽しみにしていたのに、終了してしまって、とても残念だ。

この番組の脚本を書いている人のブログで、9月で終了するというのは知ったが、「書いている人はなかなか大変だろうなぁ」・・・と思って観ていた。

私は途中から見始めたので、今月、「恋愛新党」のDVDが発売になるということで、楽しみにしていた。
なのに、なぜか発売中止になってしまい、これまた残念だ。
「恋愛新党」は、放送していない地域も多く、オフィシャルサイトには、「観たい!」という書き込みが多かったが、どうしてDVDが発売中止になったのだろうか。
発売したら、売れると思うのだが。

現実の世界では、麻生内閣が発足したが、すでに失言で辞任する大臣が現れたようだ。
福田内閣の最後の農相も酷かったが、自民党政権では、ガッカリするようなことが多い。

そうかといって、民主党もどうかなぁ・・・という感じなので、これらの政党には見切りをつけ、次の衆議院議員選挙の比例代表では、「恋愛新党」と書きたくなる今日この頃である(うそ)。

| | コメント (2)
|

2008年9月25日 (木)

40万アクセス突破

さっきブログのアクセスカウンターを見てみたら、40万アクセスを突破していた。
このブログは、私のオフィシャルサイトのコンテンツのひとつとして、一昨年の4月1日に書き始めたもので、私の日常や、思ったことや考えたことなどを書いているブログである。

私のオフィシャルブログなので、空けても中3日というルールを自分に課しているが、それを仕事関係者が読んで、「ルールを決めて書いているって、いいですね。なかなか更新されないオフィシャルブログも多いから」と言われた。

最近、最も関心を持っているのは、アメリカの金融危機とその対策。
1年前にサブプライムローン問題が表面化してから、世界中を巻き込んで大変なことになっている。
最近はリーマン・ブラザーズの経営破綻やAIGの公的資金投入による救済と、アメリカの金融業界は大きく動いてる。

アメリカで今起きていることは、決して対岸の火事ではない。
対岸の火事なら、他人事として見ていることもできるかもしれないが、これは大地震である。
日本との間に太平洋があろうと、アメリカで起きた大地震は大津波となって日本を襲う。

サブプライムローンの債権は、証券化され、高利回りの債券として金融商品に組み入れられていたり、経営破綻でデフォルト(債務不履行)となったリーマン・ブラザーズの債券は、日本の金融機関や事業会社も購入している。

アメリカの金融危機は、1997年の山一証券の経営破綻や住専の破綻などを思い起こさせるが、あの頃より、金融機関が行っていることや、金融商品のしくみは複雑化しており、世界中を巻き込んでいる。

AIGも、とりあえずは公的資金投入で経営破綻は回避されたが、これから資産の売却を進めていく。
日本で保険を販売している関連会社は6社(このうち1社は50%出資)あるが、これらの会社の株式を売却する可能性もあるだろう。

| | コメント (0)
|

2008年9月24日 (水)

日本の借金時計

今日の午前中、福田内閣は総辞職し、午後、衆議院の本会議の首相指名選挙では麻生太郎自民党総裁が首相に指名され、参議院の本会議では小沢一郎民主党代表が首相に指名された。
衆議院と参議院で異なる議決となった場合、衆議院の議決が優先されるため、麻生太郎自民党総裁が第92代首相に決定した。

福田前首相の突然の辞任表明のため、急遽、自民党の総裁選挙が行われたが、総裁選挙告示の前夜、次回の衆議院議員選挙の立候補予定者である友人のパーティーで、麻生太郎自民党幹事長(当時)を近くで見る機会があった。

このパーティーは、かなり前から開催が決まっていたもので、たまたま総裁選告示の前夜となったのだが、麻生氏のスピーチの第一声が「私は総裁選のために来たのではありません」と、会場の大きな笑いを取っていた。
麻生氏のスピーチは、さすがに慣れていて、うまかった。

だが、麻生氏は景気対策のためには、赤字国債の発行も容認しているということが、総裁選前から報道されていた。
総裁選のまっただ中では、「赤字国債を発行すると言ったことはない」と発言したそうだが、では、麻生氏の考える景気対策の財源を、彼はどこから持ってくるつもりだろうか。

現在、この国は、かなりの借金を抱えている。
「国の借金」と聞いても、ピンと来ない人もいるだろう。
だが、「国の借金」は、将来、国民が返済していかなければならないものである。
ちなみに、今日現在の国の借金の金額は、約775兆9155億円。
1世帯あたりの金額は約1648万6830円である。
ローンは何もないという家庭でも、これだけの借金を抱えているのである。

日本の借金時計は ここで見ることができる。
どんどん数字が増えていくのを見ていると、憂鬱な気分になってくるので、月曜日の朝イチに見ることはお勧めしない(笑)。

この「日本の借金時計」は、私の知人がニューヨークに行ったとき、「OUR NATIONAL DEBT CLOCK(財政赤字時計)」を見て、それを経済ジャーナリストの財部誠一さんに教えたことで、財部さんが自分のオフィシャルサイトに作ったものである。

ぜひ一度、この 「日本の借金時計」を見て、今の日本の状況を知って欲しい。

| | コメント (0)
|

2008年9月23日 (火)

9月の花

先日のお花の教室では、コデマリ、リンドウ、ケイトウの組合わせを選んだ。
リンドウが入っていると、「秋」という感じがする。

P1010262_2
最初のテーマは「水を意識する」にした。
「水を意識する」には、いろいろな方法があるが、ここは単純に、水面を大きく生けた。

P1010265次のテーマは、「色を生ける(対比)」。
リンドウとケイトウが入っていることから、このテーマで生けてみた。

| | コメント (0)
|

2008年9月19日 (金)

朝バナナダイエット

Asabanana最近、朝バナナダイエットが流行っているようで、朝バナナダイエットの提唱者であるはまち。さんが書いた「朝バナナダイエット」は30万部を突破し、関連図書を含めると60万部を突破したそうだ。
はまち。さんと私は同じ勉強会のメンバーだが、先日、その勉強会ではまち。さんの初講演があった。

実は、私も1年くらい前から、朝バナナダイエットをやっている。
きっかけは、昨年3月にパーティー用としてベトナムにオーダーして作ったアオザイを、10月頃に着てみようとしたら、きつくて着られなかったから。
アオザイは細かく採寸して仕立てるため、3月に到着したときはピッタリだったが、少しでも太ると着られなくなる。

そんなとき、はまち。さんを通じて、朝バナナダイエットを知った。
朝バナナダイエットは、朝はバナナと常温の水だけで、昼食と夕食は何を食べてもOKというラクチンダイエット。

私は、以前は食べても太れない体質で、かなり食べていたにもかかわらず、7号のスカートもウエストを直さなければダブダブで、5号のスカートがちょうどよかった。
身長では9号サイズなのだが、9号のスカートははけなかった。
普通に9号サイズが着られたら、バーゲンでも買う服に困らないのに・・・と思っていた。

だが、ある時から、たくさん食べると普通に太るようになった。
テレビに映ると、実際よりかなり太って見える。
それまでダイエットに縁がなかった私も、ダイエットを意識するようになった。

以前、1時間番組の出演が決まったとき、それまででいちばん太っていた。
そこで出演までの3週間で5kg痩せることにした。
結構がんばって、出演日の朝には、5kgマイナスの目標体重になっていた。

女の子向けの雑誌の特集でも言ったことがあるが、「ダイエットも資金作りも、成功するかどうかは、意志の強さではなく、動機の強さ」なのである。
だが、それから少し経ったとき、「テレビで見るより、ずっと痩せてらっしゃるんですね」と言われ、ちょっとかっがりした。
テレビでの見た目のために、5kgがんばって痩せたのに・・・

3週間あれば、5kg落とすことも可能だが、何か事件が起き、突然、その日にテレビに出ることになったときは、もうダイエットは無理である。
日頃から、ベスト体重にしておく必要性は感じていた。

そんなとき、朝バナナダイエットを知った。
朝バナナダイエットのコンセプトは、「ガマンしない」「お金をかけない」「時間をかけない」。
昼と夜は食べたい物を食べてOKで、無理をしないから、ストレスも溜まらず、継続することができる。

だが、最初はなかなか体重は減らなかった。
夜は12時までに寝たほうがいいが、これはほとんど守れなかった。
それをきちんと守っていたら、早く効果が現れたかもしれないが。
でも、海外に行ったときも、朝バナナだけは続けていた。

今年の4月、毎日高カロリースイーツが食べたくなって、食べていたときは、2.5kg太ってしまった。
それまであまり甘いものを食べなかった私は、その原因がわからなかったが、私の状況を聞いた友人に「自分では気づかないかもしれないけど、かなり脳が疲れているんじゃない?」と言われた。
そこで、カロリー少なめのものに変えるようにした。

このとき、私の体重は過去最高記録だったので、1か月で4~5kgダイエットすることにした。
最初の2週間で1kgしか減らなかったので、次の2週間でいろいろな方法を併用して3kg落とした。
1か月で4kgは減ったが、その後、なかなか減らなかった。
それでも、朝バナナだけは続けていた。

先日、しばらく量っていなかった体重を量ったら、なんと1か月前より3kg減って、目標体重になっていた。
なかなか超えられなかったところを、知らないうちに超えていたのである。
無理なく痩せたので、やつれた感じはなく、1か月ぶりに会った友人に、「顎のラインが全然違う」と言われた。
はまち。さんにも、「今がちょうどいいくらいじゃない」と言われた。

最近、着るのを諦めていた7号のスカートをはいてみたら、ウエストのホックを普通に留めることができた。
もう少しウエストは細くしようと思うが、また5号サイズになったら、着るものを探すのが大変なので、7号をゆとりではけるくらいがいいと思う。

先日は、知人の男性が、「僕も朝バナナダイエットで1か月で6kg痩せた」と言って、上着を開けて見せた。
確かに以前はポッコリお腹だったが、凹んでいた。
私は、朝バナナダイエットで、時間をかけて最高体重から6kg落としたが、こんなに急激な変化がある人もいるんだと驚いた。

自分がダイエットに成功したので、なかなかダイエットできないと言っている友人たちには、「朝バナナダイエット、いいよ~」と勧めている今日この頃である。



*「朝バナナダイエット」の画像掲載とAmazonへのリンクは、著者はまち。さんの了承を得ています。

| | コメント (2)
|

2008年9月17日 (水)

公的資金投入で救済されたAIG

昨夜、「アメリカの保険最大手AIGも経営難のため、FRBに400億ドルのつなぎ融資を申請した。」と書いたが、私が寝ている間にFRB(アメリカ連邦準備制度理事会)は、一旦、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)に対し、融資を断わっていたようだ。

だが、今日の午前中に入ってきたニュースでは、FRBとニューヨーク連銀は、経営危機に陥っていたAIGに対して最大850億ドル(約9兆円)を融資する方針を決めたとのこと。
融資期間は2年。
融資と引き換えに、アメリカ政府がAIG株式の79.9を取得する権利を確保した。

リーマン・ブラザーズの経営危機が問題化した後、AIGの経営危機が明るみに出、格付け会社S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)が、AIGの格付けをAA-から3段階引き下げ、A-にした。
こんな状況で、AIGの株価は、16日、ニューヨーク株式市場で1ドル台まで下落していた。

アメリカ政府は、リーマン・ブラザーズには公的資金を投入せず、経営破綻させたが、AIGには公的資金を投入し、救済した。

リーマン・ブラザーズの経営破綻は、一般の人たちに、
 リーマン・ブラザーズの経営破綻→金融機関→一般の人
と、間接的な影響を与えるが、アメリカの保険最大手で世界中で関連会社が保険を販売しているAIGを経営破綻させると、
 AIGの経営破綻→AIGの保険契約者
と、一般の人たちに直接的な影響を与える。
ここが公的資金を投入して救済するかどうかの、分かれ目なのだろうか。

そうなら、今年の春、米大手銀行JPモルガン・チェースが経営危機に陥っていたアメリカ証券5位のベア・スターンズを救済買収する際に、公的資金を投入して救済したのがわからないが。
半年前は、公的資金投入もあり得たが、この半年の間に、状況が許さなくなったのだろうか。
それとも、救済するためのコストパフォーマンスが、リーマン・ブラザーズでは、悪すぎたのか。

いずれにしても、AIGに公的資金投入が決定したことにより、AIGは公的管理下に置かれ、目先の経営破綻は回避された。
今日の東京株式市場も、それが好感され、前場は270円高までつけ、今日の大引けの日経平均は、前日比140円4銭高となった。
ただし、TOPIXで見ると、前場は高かったが、後場は伸びず、前日比3.86ポイント高となっている。

AIGの関連会社で、日本で保険を販売しているのは、生命保険会社では、アリコジャパン、AIGスター生命、AIGエジソン生命の3社、損害保険会社では、AIU、アメリカンホームの2社である。
また、ジェイアイ傷害火災保険には50%出資している。

AIGの経営危機報道で、昨日はこれらの保険会社に、契約者からの問い合わせが殺到したそうだが、目先の経営破綻が回避されたことにより、これらの会社の保険契約者もホッとしたのではないだろうか。
だが、今後も、AIGの動向はチェックしておいたほうがよいだろう。

| | コメント (0)
|

2008年9月16日 (火)

アメリカ発大津波の襲来

昨日、アメリカの証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻のニュースが飛び込んできた。

リーマン・ブラザーズは、サブプライムローン関連で大きな損失を発生させ、経営危機に陥っていた。
報道によると、ここ数日は、アメリカ財務省やFRBが大手金融機関と、リーマン・ブラザーズの救済策を協議していたようだが、財務省は公的資金を投入することを拒否したため、交渉決裂。
日本時間の昨日、リーマン・ブラザーズの経営破綻が現実のものとなった。

リーマン・ブラザーズの負債総額は、6130億ドル。
あまりにも大きな数字で、ピンとこない。
円換算すると、約64兆3600億円。
これまた数字が大きすぎて、なんだかピンとこない。
だが、早い話、アメリカ史上最大の経営破綻なのだ。

昨夜、オープンして1時間くらい経ったニューヨーク株式市場を見たら、ダウ平均が250ドルくらいのマイナス。
火曜日の東京株式市場も、劇的な下げになるだろうというのは予想できた。
だが、こんな大地震がアメリカで起きて、翌日の午前9時には日本を大津波が襲うことが予知できても、逃げる術がない。

結局、昨日のニューヨーク株式市場のダウ平均は、前週末終値比504ドル48セント安となり、今日の日経平均は605円4銭安と大幅安になった。

なお、今日のニューヨーク株式市場がオープンしてから1時間くらい経ったが、現在のダウ平均は前日比30ドル安くらい。

やはり経営危機に陥っていた大手証券メリルリンチは、バンク・オブ・アメリカに救済買収されることが決まり、アメリカの保険最大手AIGも経営難のため、FRBに400億ドルのつなぎ融資を申請した。

アメリカの大きな動きに、もう目が離せない。
今夜も、情報収集で睡眠不足か・・・

| | コメント (0)
|

2008年9月12日 (金)

年金記録の改竄

宙に浮いた年金記録問題で、ねんきん特別便を発送している社会保険庁だが、今度は社会保険庁職員の指導のもと、保険料を滞納していた会社が社員の標準報酬月額を改竄していたことが発覚した。

標準報酬月額は、厚生年金保険料の算定のもとになっているものであるが、これを現在価値に置き換え、それを平均した平均標準報酬月額は、厚生年金支給額の算定のもとになっている。

厚生年金保険料は、労使折半となっているため、社員の標準報酬月額を実際より低く改竄することにより、会社は支払う保険料を少なくすることができる。
だが、標準報酬月額を低くすることは、社員の将来の厚生年金受給額も低くすることにつながるのである。

このような問題が発覚したため、厚生年金の全受給者を対象に、厚生年金保険料の標準報酬月額や加入期間を記載した通知を送ることが決まった。

公的年金のセミナーの講師をやるときに、宙に浮いた年金問題も話のネタになったが、またもや社会保険庁は、新しいネタを提供してくれた(苦笑)。
こんなネタの提供は、これを最後にして欲しいと思っていたが、私の想いにもかかわらず、すぐ後に、社会保険庁が在職老齢年金制度の趣旨を十分理解していなかったために運用を誤り、1年半にわたって約500人に対し、約5000万円を余分に減額していたと、厚生労働省が明らかにした。

私はかねてから、社会保険庁なんていう組織はなくしたほうがいいと思っていたが、やっていることがここまで酷いとは思わなかった。

| | コメント (0)
|

2008年9月 8日 (月)

ブッシュの決断

先週金曜日のニューヨーク株式市場は下げたため、月曜日の東京株式市場も、また下げるのかと思っていた。
だが、昨日、アメリカ政府は政府系住宅金融機関のファニーメイとフレディマックを政府管理下に置くことを発表した。

両社で、アメリカの住宅ローン残高12兆ドルの半分近くを保有または保証している。
この発表を受け、今日の東京株式市場は、大幅に値上がりし、日経平均株価は、大引けで先週末比412円23銭高となった。
先週、大きく下げた反動もあったようだ。
やはり、いちばん上昇率が大きかったのは、金融株だった。

前場に株価を見たら、私が登録している銘柄すべて、先週末比の数字が赤い。
つまり、全銘柄値上がりしていたのだ。
私が登録している銘柄は、さまざまな業種にわたっている。
こんなに赤い数字ばかり見たのは、久々である。

アメリカ発サブプライムローン問題は、世界の株式市場を巻き込んでおり、もやはアメリカ一国の問題ではなくなっていた。

先ほどニューヨーク株式市場をチェックしたら、ニューヨークダウも250ドルほど上げている。

よくぞ決断した、ブッシュ!
もう少し早く決断して欲しかったが。

さて、次期大統領になるのは、マケインかオバマか。
いずれにしても、託されたこの2社の最終処理では、素晴らしいお手並みを披露して欲しい。

| | コメント (0)
|

2008年9月 7日 (日)

「氷の華」

昨日、今日と、テレビ朝日で放送されたドラマ「氷の華」を観た。
このドラマは、テレビ朝日開局50周年記念番組として製作されたものだ。
私は普段、サスペンスドラマは観ないが、「氷の華」を観たのは、もちろん堺雅人が出ているから。

2夜連続で放送されたが、昨日は「本当の愛人って?」というところで終わった。
こんな風に終わってくれると、「対象として考えられる3人のうち誰?」というように考えてしまうが、こういう場合、いちばん淡々とした演技をしている女優の役が怪しいのではないかと思ってしまう。
それは当たっていたが、裁判でどんな展開になっていくのかは、見えなかった。

「一事不再理」が出てきて、「そういう展開ですか・・・」と思ったが、それで終わりではなかった。
別の事件が起こり、別件では、起訴可能だからだ。
別件については、余韻を持たせる終わり方だったが、この事件も、恭子はどうやって切り抜けていくのか、観てみたいとも思った。

サスペンスドラマは、事件の犯人が最後にわかるものと、最初に明らかにして警察側とのやりとりやその事件の背景を描いていくものがあるが、「氷の華」は後者。
昨日見終わったときは、どんな背景があるのか、今日の展開が楽しみだった。

ネットの芸能ニュースでは、米倉涼子が「悪女」を演じるという書き方がしてあったが、「氷の華」原作者の天野節子が「氷の華」公式サイトで書いているように、米倉涼子演じる恭子は、私には「悪女」とは思えなかった。
ひと言で言えば、「哀しさを感じさせる女」だった。
恭子だけでなく、ほかの2人の女もだが。

恭子の夫役の堺雅人の演技も、淡々とした、そして冷ややかなセリフで、女性たちの哀しさを、より引き立てていた。

和泉聖冶監督は、1シーンを長回しで撮っているところが何カ所かあったが、その緊張感のあるシーンもよかったと思う。
あのようなシーンは、細かいカット割りで撮る方法もあるが、今回のようなドラマでは、長回しのシーンがあることが、効果的だったと思う。

| | コメント (0)
|

2008年9月 3日 (水)

今日おもしろかったこと

今日は、私がセミナーの講師をやっているところの、受講者との食事会があった。
ワインのセミナー付きで、恵比寿のイタリア料理店での食事会だったが、私は講師や主催者関係のテーブルだったため、受講者の人たちとの会話はあまりなかった。

だが、おもしろかったのは、会の終わりくらいになって、主催者の女性たちと、政治や政治家の話ができたこと。
これまでの経験では、政治関係の話になると、女性とはなかなか盛り上がらず、ほとんど男性と話すことが多かった。

私は以前、海江田万里さんと政策提言の会をやっていたことがある。
海江田さんがその会の顧問で、私が代表という形だったが。
海江田さんが衆議院の委員会で質問するときに、資料を作るお手伝いもしたことがある。

これまでは、なかなか女性と政治の話で盛り上がる機会がなかったが、福田首相辞任表明をきっかけに、今日はそういう話ができて、おもしろかった。

| | コメント (0)
|

2008年9月 2日 (火)

今日の株価

福田首相の突然の辞任表明から一夜明けた今日、東京市場の株価は前場はそれほど大きな動きはなかったが、後場に入り、大きく値を下げ、日経平均株価は一時は300円を超えて下げた場面もあった。

私はいろいろな会社の株価を証券会社のサイトに登録し、毎日動きを見ているが、今日、暴騰した銘柄があった。
その理由を調べたが、わからなかった。
だが、あとで理由がわかった。

次期首相候補→麻生太郎→アキバ系→アニメ関連という連想で、今日はアニメ関連株が高かったとのこと。
確かにその銘柄は、アニメ関連だった。

株は連想ゲームというが、こんな連想でアニメ関連株が上昇するなんて、連想ゲームも行き過ぎの感がある。
だが、それほどに閉塞感のある相場環境ということだろうか。

| | コメント (0)
|

2008年9月 1日 (月)

福田首相辞任表明

福田首相が、今夜、辞任を表明した。
昨年9月に首相になってから、約1年。
「なぜ?」とか「早い」という声もあるようだが、私の感想は、よくここまで持ったという感じ。
この1年の間に、福田首相は何を成し遂げただろうか。
そう考えて、すぐに思い浮かべられないのが、哀しい日本の状況。

| | コメント (2)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »