« 「氷の華」 | トップページ | 年金記録の改竄 »

2008年9月 8日 (月)

ブッシュの決断

先週金曜日のニューヨーク株式市場は下げたため、月曜日の東京株式市場も、また下げるのかと思っていた。
だが、昨日、アメリカ政府は政府系住宅金融機関のファニーメイとフレディマックを政府管理下に置くことを発表した。

両社で、アメリカの住宅ローン残高12兆ドルの半分近くを保有または保証している。
この発表を受け、今日の東京株式市場は、大幅に値上がりし、日経平均株価は、大引けで先週末比412円23銭高となった。
先週、大きく下げた反動もあったようだ。
やはり、いちばん上昇率が大きかったのは、金融株だった。

前場に株価を見たら、私が登録している銘柄すべて、先週末比の数字が赤い。
つまり、全銘柄値上がりしていたのだ。
私が登録している銘柄は、さまざまな業種にわたっている。
こんなに赤い数字ばかり見たのは、久々である。

アメリカ発サブプライムローン問題は、世界の株式市場を巻き込んでおり、もやはアメリカ一国の問題ではなくなっていた。

先ほどニューヨーク株式市場をチェックしたら、ニューヨークダウも250ドルほど上げている。

よくぞ決断した、ブッシュ!
もう少し早く決断して欲しかったが。

さて、次期大統領になるのは、マケインかオバマか。
いずれにしても、託されたこの2社の最終処理では、素晴らしいお手並みを披露して欲しい。

|
|

« 「氷の華」 | トップページ | 年金記録の改竄 »

保険・金融」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「氷の華」 | トップページ | 年金記録の改竄 »