« 日経平均一時1000円超の下げ&大和生命経営破綻 | トップページ | 「風の絵師」日本放送決定 »

2008年10月14日 (火)

日経平均が1000円超の上昇

昨日まで、日本は3連休だったが、この3日間でアメリカやヨーロッパでは大きな動きがあった。

G7での合意に基づき、各国が金融安定化策を実行に移したため、昨日のアジアやヨーロッパの株式市場の株価は上昇し、ニューヨーク株式市場も大幅上昇。
それを受け、今日の東京株式市場は買い気配で始まる銘柄が多く、午前9時45分頃には、日経平均は先週末比1000円以上、上昇した。
大引けまで値が付かない銘柄もあった。

先週末比の金額が、こんなに赤い数字(上昇)ばかり見るのは、久々である。
今日はある人の誕生日だが、赤い数字がバースデーケーキのロウソクの炎のようにも思えた。

大引けは先週末比1171円14銭高の9447円57銭となった。
上昇率は14.15%で、上昇率とも過去最高。
とりあえず、どんどん下げ続ける世界同時株安はストップした。

だが、日本やヨーロッパ各国の政府の対策は、対症療法でしかない。
本格的な治療は、「サブプライムローン問題」という病巣を抱えるアメリカ政府にかかっている。

今日のニューヨーク株式市場は、寄り付きは400ドル以上上げていたが、1時間半くらい経つと、マイナスに転じ、前日の終値と同じくらいの水準になっている。
明日起きたら、終値はどうなっているのだろうか。

|
|

« 日経平均一時1000円超の下げ&大和生命経営破綻 | トップページ | 「風の絵師」日本放送決定 »

保険・金融」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日経平均一時1000円超の下げ&大和生命経営破綻 | トップページ | 「風の絵師」日本放送決定 »