« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

仕事納め

今年も、残すところあと30分を切ったが、やっと今年の仕事が終わった。
一応、「仕事納め」ということになるが、「仕事始め」との間隔を考えると、これは小休憩というものかもしれない。

紅白歌合戦を聞きながら仕事をしていたが、来年書く単行本の構成案を担当の編集者にメールで送り、年内にどうしてもしなければならない仕事は終わった。
担当の編集者にとっては、私の構成案を検討することが、仕事始めになるだろう。

最近はどんな歌が流行っているかあまり知らないし、演歌はあまり好きじゃない私が今年気に入った歌は、ジェロの「海雪」。
初めて聴いたときから、何だか気になっていた。
そのジェロも、偶然、数日前に近くで見る機会があった。

実物は、テレビで見るより、ずっと痩せていることが多い。
私も以前、「テレビで見るより、ずいぶん痩せてらっしゃるんですね」と言われたことがある。
だが、ジェロは、テレビで見る感じと同じようだった。
テレビで見てもスリムだから、イメージを覆されないからだろうか。
スタッフに囲まれながらも、周りに気を遣いながら歩く姿に、新人の初々しさを感じた。

| | コメント (0)
|

2008年12月30日 (火)

注目された記事

どんなことが書かれているか、たまに自分の名前を入れて検索することがあるが、先日検索してみたら、まぐまぐ!が出しているメルマガ「マネーのまぐまぐ!」9月24日号に、私のブログが取り上げられているのを見つけた。

「マネーのまぐまぐ!」で取り上げられるのは、まぐまぐ!から配信しているメルマガが多いと思うが、この号は、アメリカの金融危機を受けて発行された増刊号だった。

ここから「マネーのまぐまぐ!」の引用
****************************
同じ金融機関の破たん、なぜ米政府はAIGだけを救済したのか。テレビなどでも活躍するファイナンシャルプランナーは、「保険契約者など一般の人たちに直接的な影響を与える」かどうかが分かれ目なのだろうか」と分析しています。

◆◆公的資金投入で救済されたAIG (『古鉄恵美子のday by day』9/17)
http://emiko-kotetsu.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-e9da.html
****************************

私のブログは、これまで趣味のジャンルで書いているものが注目されることが多かったようだが、金融ネタで書いたものが注目されたのは、やはりうれしかった。

| | コメント (0)
|

2008年12月28日 (日)

堺雅人との遭遇

今日、四谷で用事があり、その後、赤坂見附のほうに行かなければならなかったので、ホテルニューオータニの中を通って行こうと思った。
ニューオータニの前まで行くと、駐車場入り口には、女性の集団がいた。
そういえば、今日、日刊スポーツ映画大賞の授賞式が、このホテルであることを思い出した。

日刊スポーツ映画大賞の、今年の助演男優賞を受賞したのは、堺雅人だった。
体調が悪く、忙しくもある私は、入り待ちや出待ちをするつもりはなかった。
だが、その集団をみると、俳優の誰かを見られるのなら、ちょっと見ていこうかと思い、宴会場フロアの入り口に行くと、ロープが張られ、そこにも大勢の人がいた。

人垣の隙間から、会場のほうを見ると、周囲がざわめいてきた。
誰か出てくるんだ・・・
そう思って見ていると、周りから「堺雅人」「堺雅人」というささやきが聞こえてきた。
え~っ!堺雅人が出てくるの!?
と、向こうを見ると、受賞者の赤いリボンを付けた堺雅人が歩いてきた。
私たちの前を通り過ぎるとき、周りの数人が「堺さ~ん!」と声をかけたが、隣の人と話をしていた堺雅人は振り向かず・・・

ほんのちょっとの間だったが、しっかりと堺雅人の姿を見ることができた。
その感想は・・・
細いっ!

今日の堺雅人との遭遇は、年末、体調が悪く、ヘロヘロになりながらも仕事をしている私への、神様のご褒美なのだろうか。

| | コメント (2)
|

2008年12月27日 (土)

本の企画&「篤姫」総集編

三笠書房で出すことが決まった次回作の構成案は、三笠書房の仕事始めの1月5日に、編集者にメールで送ることになっていたが、先日の打ち合わせで方向性がはっきりしてきたので、その勢いで、早速、今日、構成案を作った。
100年に1度といわれるこの経済危機を、これで乗り切っていこう!という内容になっていると思う。

堺雅人は、自宅でセリフを覚えることができず、いつも決まった喫茶店のいくつかで、セリフを覚えているそうだが、私も企画を立てるときは、事務所や自宅ではなく、ヒミツの場所で仕事をしている。
そのほうが、集中して、いい企画が立てられるのである。

実は最近もずっと風邪気味で、咳とのどの痛みがあり、クリニックで1週間分でた薬を飲みきっても治らず、昨日、また10日分出してもらった。
薬のせいか、胃の調子も悪くなり、胃薬も飲んでいる。
講談社の本の原稿書きをしなければならないが、不調のため、お昼過ぎまで寝ているような状態である。

昨日もクリニックに行くと、マスクをした風邪引き患者が大勢いた。
風邪が流行っているようだが、いま流行っている風邪は、高熱は出ず、咳とのどの痛みが特徴とか。
流行ものに弱い私は、また、流行の最先端の風邪を引いてしまったようである(笑)。
外出の時はマスクをし、帰宅したら手洗いとうがいを欠かしてないにもかかわらず。

夜は、録画していた「篤姫トーク&コンサート」と「篤姫総集編」を観た。
今日放送した「篤姫トーク&コンサート」は、熊本で開催されたもの。
その数日前に東京で開催された「篤姫ファンミーティング」には、私も行ったが、これの放送はない。

参加者募集の際、「篤姫ファンミーティング」と書いてあるのを見て、韓国俳優や韓国ドラマでは、俳優やドラマの「ファンミーティング」というのがあるが、日本のドラマで「ファンミーティング」という文字を見たのは、初めてだと思った。
日本でも「ファンミーティング」という言葉が、一般的になったのだろうか。
でも、今日の「篤姫トーク&コンサート」というタイトルを見ると、まだそうでもないのかもしれない。

「篤姫総集編」は、3夜連続で、今日は2日目だったが、徳川家定@堺雅人の出演シーンが多い回で、私が「篤姫」でベストシーンだと思っているシーンも放送された。
それは、池に落ちそうになった篤姫を、家定が抱きかかえるシーンである。
「篤姫」の脚本を書いた田渕久美子さんも、このシーンをベストシーンに挙げていたのは、うれしかった。

このときの、「危ないではないか」という家定@堺雅人のセリフで、私は家定落ちをしてしまった。
池に落ちそうになった篤姫を見る堺雅人の目の演技から、「危ないではないか」というセリフと篤姫を見る目に、心を鷲づかみにされた女性は、私だけではないだろう。
このシーンが放送された日は、このシーンだけを何度も何度も繰り返して観た。

体調は悪くても、今日は、いい感じに本の構成案ができ、夜はたっぷりと、家定を演じる堺雅人の演技を通しで観ることができ、なかなかいい1日(午前中寝ていたから半日?)だった。

| | コメント (0)
|

2008年12月25日 (木)

次回作

いま、講談社で出す単行本の原稿書きが、追い込み状態になっているが、今日、次回作も決まった。
正確に言うと、まだ講談社で次回作が出ていないので、次々回作になるが。

今日、決まった本は、アメリカ発サブプライムローン問題で経済危機に陥ってしまった日本で、この状況を乗り切るには、個人はどうしたらいいのかという内容のものである。
決して硬い内容のものではなく、すぐに実行できる具体的な対処法を書く予定である。
タイムリーなネタなので、年明け早々に、執筆に取りかかる予定だ。

今年は年末まで講談社で出す本の原稿書きをし、その後は図表作り。
そして三笠書房で出す本の執筆に入る。
お正月休みというものは、あるかどうかもわからない。

来年は、前半に本2冊が出ることになった。
当分、ゆっくり休むことはできないかもしれないが、そんな私の楽しみは、2月20日に開催される日本アカデミー賞授賞式に行くこと。
優秀助演男優賞に選ばれた堺雅人が、最優秀助演男優賞を受賞する瞬間を見るためである。
(もう私の中では、最優秀助演男優賞決定なのだ)

日本アカデミー賞授賞式は、列席者も「正装」というドレスコードがある。
何を着ていこうかと、今から楽しみである。

| | コメント (2)
|

2008年12月22日 (月)

カリスマ主婦トレーダー

私は「飲み会」というものに、あまり出席しない。
お酒が出る席には出席することはあるが、たいてい、勉強会の後の懇親会である。
だが、先日、飲み会に、カリスマ主婦トレーダーといわれる山本有花 さんが出席するというので、久々に飲み会に参加した。

山本さんは、本来はミステリー作家になりたくて、出版社にアプローチしてしたそうだが、時代の流れで株やFXの本を書くようになったとか。
ちなみに、ダイヤモンド社から出した『毎月10万円は夢じゃない!「株」で3000万円儲けた私の方法』は、30万部も売れたそうである。

山本さんはFXの本「山本有花のやさしいFX投資法ぜんぶ教えちゃいます!」 も書いているが、飲み会には、その本を読んで実践しているという人が来ていた。
本に書いてあるルールを守っていたときは儲かっていたが、つい欲張って、掟破りをしたら損をするようになったとか。
そんなことを聞くと、読んでみたくなるではないか。

最近はニューヨーク市場がオープンしているときに為替が大きく動くことが多いが、山本さんはニューヨーク市場も東京市場も、ずっとみているのだそうだ。
そのために、午後8時就寝、午前1時起床しているとのこと。
あまり為替が動かない時に、寝る時間を合わせるているところは、さすがである。

取引手数料無料のFX取扱会社をざっと調べてみたら、下記の会社があった。
FXプライム
マネーパートナーズ
セントラル短資FX
外為どっとコム
CMS
FXオンライン
ひまわり証券(デイトレードの場合)
AFT-FXダイレクトトレード
NTTスマートトレード
フォーランドフォレックス
岡地e-FX(ディトレードの場合)
ドルフィンFX
MJ
FX ZERO
ヒロセ通商
パンタ・レイ証券
FX スプレッド
アールスリー

また、クリック365ならFXメジャーズスター為替で取引できる。

他に、セゾン外貨トレードくにやす・FXでも、FXを取り扱っている。

| | コメント (2)
|

2008年12月20日 (土)

クリスマスの花

P1010536先日のお花の教室は、テーマがクリスマスの花だった。
普通、クリスマスの花は、赤、緑、白の3色を使うが、今年、この3色の組み合わせで生けるのは、お稽古を初めて1年以内の初心者のみ。
他の人は、くじ引きで、赤、白、緑のそれぞれの組み合わせを生けることになっていた。

私が引いたのは、白の組み合わせ。
P1010539包みを開いたら、本当に白っぽい組み合わせだった。

最初はこの花材でそのまま生け、次は飾りも使って生けた。

| | コメント (0)
|

2008年12月16日 (火)

誕生日

P1010550_2先週の土曜日は誕生日だったが、今年も、昨年、一昨年と同じフレンチレストランで、食事会をした。
このレストランは、2年半前でオープンしたお店で、おいしいし、ボリュームもあり、お手頃価格なので、私は気に入っており、時々、このお店で食事会をしていた。

それまでは、予約を取るのにそれほど苦労はしなかったが、今年は、雑誌の人気ランキングでトップになったりして、予約を取るのが難しくなったというのを聞いていた。
P1010549_2そこで今年は、予約開始日の予約開始時間ちょうどに電話をしたら、話し中で少し焦ったが、無事に予約をいれることができた。
これ以上、予約が取りづらくなると困るので、お店の名前は、ここでは書かないことにした(笑)。

オードブル、メイン、デザートのコースにしたが、ボリュームがあるので、これでお腹いっぱいになる。
5人以上の場合は、メインは魚か肉かあらかじめ選び、素材や調理法はシェフにおまかせとなP1010553_2る。

まず、オードブル

P1010554

パン

P1010557

メインの肉料理

P1010558

デザートは、私だけ誕生日仕様。

P1010560

飲み物は、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティーから選べるが、コーヒーにした。

今回も、とても美味しかった。

| | コメント (4)
|

2008年12月12日 (金)

1ドル88円10銭に

いつもは、東京株式市場がオープンしている間は見ているが、今日は帝国ホテルで、ある保険会社の経営状況報告会&懇親会があったので、お昼前から外出していた。

懇親会が終わって、ビックカメラ有楽町店の中を通って行ったら、展示してあるテレビに「米上院でビッグ3の救済法案決裂。一時1ドル88円10銭に」という文字を見た。
1ドル88円10銭をつけたのは、13年4か月ぶりである。

「あ~~~っ、こんなに円高になったら、株価が下がる・・・・・・」
やはり事務所に戻って株価を見てみたら、やっぱり下げていた。
大引けの日経平均は、前日比484円68銭安の8235円87銭。

最近、為替は、ニューヨーク市場がオープンしている間に、大きく動くことが多かったが、今日は、東京市場がオープンしている間に、大きく動いた。
休み明けの月曜日は、どんなことになるだろうか。

| | コメント (0)
|

2008年12月11日 (木)

トンネルの向こう側

体調不良のため、なかなか進まなかった単行本の原稿は、いよいよ追い込み状態に入ってきた。
ずっと出口の見えないトンネルの中を、一人で歩いていたような日々だったが、ようやく明かりが見えてきた。

| | コメント (0)
|

2008年12月 9日 (火)

読売ウィークリー

読売ウィークリーが、現在発売の号を最後に、65年の歴史に幕を閉じる。
創刊されても、短期間で休刊する雑誌も少なくないが、65年も続いた雑誌というのもすごいと思う。

最後のほうのページを見ると、この雑誌に携わっている人たちの名前が載っていた。
私は週刊読売時代からお世話になっていたが、副編集長や編集記者のところに、これまで取材に来た人たちの名前を見つけ、懐かしさとともに、寂しさを感じた。

| | コメント (0)
|

2008年12月 8日 (月)

チョ・ソンモコンサート Part1

この土日も仕事をしていたが、昨日の夜は、チョ・ソンモのコンサートがあるため、東京国際フォーラムに行った。

私がチョ・ソンモの歌を生で初めて聴いたのは、2年9か月前に東京国際フォーラムで行われたコンサートだった。
その後、チョ・ソンモは兵役のため、歌手活動を中断。
今年5月に兵役を終えたため、活動再開を楽しみにしていた。

私が今回のコンサートを知ったのは、このブログからだった。
たまにアクセス解析をするのだが、アクセス解析をすると、どの検索サイトでどんなワードを入れて検索し、私が書いたどの記事にアクセスしたがかわかる。
秋ごろ、「チョ・ソンモ コンサート 12月 東京」というような検索ワードで、アクセスしてきた人が多くなった。
以前、チョ・ソンモのコンサートについて書いていたが、検索するとその記事がヒットしたようだった。
私はこの検索ワードで、12月にチョ・ソンモが東京でコンサートをすることを知り、それからコンサート情報を調べるようになった。

チケット発売前に、行きそうな人数人に声をかけたが、みんなこの日は都合が悪いということだった。
だが、前回みたいに1人で行くと、感動を分かち合う人がいなくて、かえって、ちょっと落ち込んだりしたので、発売開始時間に、とりあえずチケットは2枚買った。
その後、チョ・ソンモのCDを買ったといっていたパク・シニャンファン仲間を思いだし、その人を誘って行くことになった。

前回のコンサートで、「パリの恋人」の挿入歌2曲を、「パリの恋人」の映像が映し出されているスクリーンをバックにチョ・ソンモが歌ったとき、涙が出そうだった。
また聴きたくて、開演前に「今回も歌うよね」と言っていたら、オープニングの曲が「パリの恋人」の挿入曲「君のそばへ」だった。

| | コメント (0)
|

2008年12月 6日 (土)

12月の花

先日、お花の教室に行くと、テーブルの上にさまざまな花が入ったバケツがあった。
生け花展で使った後の花のようだった。

P1010473まず、その花を使って、「花ものでいける」というテーマで生けた。
最初は小品を2つ生けたのだが、次に、それを組み合わせてみた。

P1010481その次は、いつものように用意してある花のセットの中から、今回は雲竜柳、ソリダコ、ストック、オニソガラームの組み合わせを選んだ。
まだやっていないテーマから、「縦長の構成(盛花)」を選び、ストックも長く使った。

| | コメント (0)
|

2008年12月 3日 (水)

アフラックがん遺児奨学基金

がん保険でおなじみのアフラック(アメリカンファミリー生命)が、販売代理店組織であるアフラック全国アソシエイツ会と共同で平成7年に設立した「公益信託アフラックアフラックがん遺児奨学基金」は、現在、平成21年度の新規奨学生を募集している。
募集人数は120名、募集期間は平成21年2月28日まで。

この基金は、がんで主たる生計維持者を亡くし、経済的な理由から、修学の機会が狭められている高校生への支援を目的に設立されたもので、返済不要の奨学金制度である。
奨学金は月額2万5000円(年額で30万円)で、高校卒業まで給付される。

なお、応募資格として、直近の学習成績が評定平均値3.5(5段階評定)以上であること。または特定の分野において全国あるいは都道府県レベルで特に優れた実績があること、という条件もある。

親が亡くなると、それまで予定していた進路を、経済的に諦めざるをえないケースも出てくる。
日本学生支援機構(旧日本育英会)などでも奨学金制度があるが、アフラックがん遺児奨学基金の募集条件に当てはまるのであれば、返済不要のこの奨学生に応募してみたほうがよいだろう。

| | コメント (2)
|

2008年12月 2日 (火)

冬の日

昨夜、寝る前にニューヨーク株式市場を見たら、ダウが大幅に値下がりしていた。
そして為替は、対米ドルで1円以上の円高になっていた。
明日起きてみたら、ずいぶんニューヨークダウが下がっているのではないかといや~な感じで寝たが、起きてみたら、ニューヨークダウは先週末比679ドル95セントも下げていた。
これは、今年4番目の下げ幅である。

昨日は、全米経済研究所(NBER)が、アメリカ経済が2007年12月から景気後退(リセッション)入りしたと正式発表した。
また、景気後退による需要後退懸念から、WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエート)原油先物がついに1バレル50ドルを割り込み、それによりエネルギー株が一段と安くなり、大引けにかけてニューヨークダウの下げ幅が大きくなったようだ。
予想通り、今日の東京株式市場も下げ、大引けの日経平均は前日比533円53銭安の7863円69銭となった。

株価が大きく動いている銘柄もあるが、デイトレでなければ、買うにしろ売るにしろ、今はちょっと動きづらい。
為替のほうが、利益が取りやすいような気もする。
こちらも、短期売買が前提だが。

日曜日の小春日和と打ってかわり、今日は冷たい雨が降っていて、暗くて寒い。
こういう日は苦手なのだが、その上、入ってくるニュースは景気後退とか、株価の大幅な下落とか、暗いものばかり。
天気も株式相場も、小春日和が待ち遠しい。

| | コメント (0)
|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »