« 「ジェネラル・ルージュの凱旋」特別番組放送 | トップページ | AIGが米企業決算発表史上最大の損失 »

2009年3月 2日 (月)

「チーム・バチスタの栄光」

先日、試写会で「ジェネラル・ルージュの凱旋」を観て、前作である「チーム・バチスタの栄光」も観たいと思っていたら、早速、TBSで放送された。
「ジェネラル・ルージュの凱旋」の公開が7日なので、その宣伝もかねて今の時期に放送したのだと思う。

「チーム・バチスタの栄光」を見た感想は・・・
「ジェネラル・ルージュの凱旋」のほうが数段おもしろい。
「チーム・バチスタの栄光」を先に観ていたら、「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、それほど期待しなかったかもしれない。
だが、中村義洋監督がプレミアイベントで言っていたように、「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、「チーム・バチスタの栄光」より、はるかにおもしろい作品になっている。

「チーム・バチスタの栄光」は、やはり竹内結子と阿部寛が主演という作り方だが、「ジェネラル・ルージュの凱旋」では、「ジェネラル・ルージュ」こと速水役をやっている堺雅人の存在感が大きく、堺雅人が主演といってもいいほどである。
脚本も前作よりおもしろいが、やはり堺雅人の演技が出色である。
決してファンのひいき目で言っているのではない。

「チーム・バチスタの栄光」を観たら、また「ジェネラル・ルージュの凱旋」が観たくなってしまった。

|
|

« 「ジェネラル・ルージュの凱旋」特別番組放送 | トップページ | AIGが米企業決算発表史上最大の損失 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ジェネラル・ルージュの凱旋」特別番組放送 | トップページ | AIGが米企業決算発表史上最大の損失 »