« 10月の花 | トップページ | 仕事のBGM »

2009年10月20日 (火)

「私の愛、私のそばに」 in ソウル

P1020640キム・ミョンミン主演の映画「私の愛、私のそばに」を、ソウルに観に行ってきた。

9月24日に韓国で公開されたこの映画、いつまでソウルで上映しているかわからなかったので、先週末に行ったのだが、その時、問い合わせたら、忠武路の大韓劇場と明洞のCGVでは、21日までの上映は決まっているが、22日以降はわからないとのこと。
危なかった・・・

この映画では、キム・ミョンミンがルーゲリック病患者の役を演じるため、体重を20kg減量し、52kgまで落としたということも話題になっている。
病気の進行に合わせて痩せていった身体を、裸の状態で撮しているため、キム・ミョンミンの減量に対する凄まじいほどの努力は、スクリーンに映し出されている。

P1020643かなり病状が悪化したシーンでは、全裸の状態で撮しているが、身長180cmの男性が52kgまで痩せると、背中はこんな状態になるんだ・・・と、息を呑んだ。
「命がけ」という言葉があるが、キム・ミョンミンは、死を目前にした患者を、本当に命をかけて演じていた。

この映画でのキム・ミョンミンの演技は、MBCスペシャル「キム・ミョンミンはそこにいなかった」で、少しだけ見ていた。
不自由になった手で、ペットボトルの水を車にかけて、バランスを崩して転ぶシーンだが、モニターで自分の演技をチェックし、一瞬、手か足が動いたからもう一度、と何度も撮り直しをし、実際にケガまでしていた。
映画で観たそのシーンでは、倒れたキム・ミョンミンの下敷きになったプラスチックのバケツが、割れていた。

P1020644キム・ミョンミンのこの映画での演技は、「ソウルまで観に行ってよかった・・・」と、思えるほどのものだったが、共演のハ・ジウォンの演技も、なかなかよかった。
ハ・ジウォンは、「ファン・ジニ」の演技で、2006年のKBS演技大賞を受賞しているが、この映画での演技は、これまで観たハ・ジウォンの演技の中で、最高のものだと思う。

「私の愛、私のそばに」の日本での公開を、楽しみに待っている人も多いだろうが、この映画は、どんなに期待して待っていても、その期待を決して裏切ることはないと思う。

|
|

« 10月の花 | トップページ | 仕事のBGM »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月の花 | トップページ | 仕事のBGM »