« 10月の花 | トップページ | エゴマのキムチ »

2009年11月 1日 (日)

エンドロール

私は、映画を観るとき、エンドロールの最後まで見る。
作品の表に出ているのは俳優だが、映画は多くのスタッフに支えられて完成し、公開される。
そういう表に出ない人たちの名前も、エンドロールには表示されるが、その人たちの名前を最後まで見ることが、その人たちに対する私なりの敬意の表し方なのである。

先日、ソウルに映画「私の愛、私のそばに」を観に行ったとき、エンドロールになると、観客は次々と席を立ち、最後までいたのは私だけだった。

この映画のエンドロールでは、キム・ミョンミンの歌が流れる。
映画の中では、キム・ミョンミン演ずるジョンウが、声も出せない状態になったとき、心の中でジス(ハ・ジウォン)に歌ってあげる歌なのである。

最後、ジワーッとくるシーンの後、この歌が流れるので、その余韻を楽しめるのだが、土曜日の最終回という理由ではなく、どうも韓国人は、映画を観るときに、エンドロールは見ずに席を立ってしまうようなのだ。
これも国民性なのだろうか。

|
|

« 10月の花 | トップページ | エゴマのキムチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10月の花 | トップページ | エゴマのキムチ »