« 「JIN-仁-」 | トップページ | 絹の海 »

2009年12月21日 (月)

ショック・・・

P1030128_2絽綴の帯が、湿気で所々変色しているのを発見した。
以前は、年2回くらい、着物の虫干しをしていたが、最近はあまりやっていなかった。
桐箪笥や桐の衣装ケースに入れていても、油断は禁物だった。

夏物の着物は、あまり着る機会がなく、前回虫干しをしたときは、まったく何ともなかったので、今回、茶色のシミのような物を見つけたときは、本当にショックだった。
気に入っていた帯だったのに・・・

そこで急遽、着物の虫干しをはじめた。
以前は、部屋にロープを張り、そこに着物を掛けてやっていたが、面倒なので、着物用ハンガー3本に着物を掛けてやることにした。

2歳の頃から着物が大好きで、母の着物をタンスから出して羽織り、鏡の前でニンマリしていて、よくしかられていた。

祖母が「そんなに着物が好きなら、日本舞踊でも習わせようか」と、日本舞踊の先生の所に連れて行ったそうだ。
先生は「こんなに幼い子どもを教えたことがないので、3歳になったら来てください」と言ったそうで、3歳から日本舞踊のお稽古を始めた。
最初に先生の所に連れて行かれたときの記憶や、最初のお稽古の記憶はない。
初舞台も3歳だったが、着物とカツラが重くて、横になったところで起きあがれなくなり、先生が起こしてくれた記憶は残っている。

そんなことで、持っている着物の枚数は多く、虫干しのことを考えると、うんざりする。
今日から当分、虫干しの日々が続く。
インフルエンザ予防には、部屋を加湿したほうがいいというが、今回のようなことがあると、どうしたものかと思ってしまう。

|
|

« 「JIN-仁-」 | トップページ | 絹の海 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「JIN-仁-」 | トップページ | 絹の海 »