« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月28日 (日)

「過速スキャンダル」

チャ・テヒョン主演映画「過速スキャンダル」を観てきた。
タイトルの「過速」は、「スピードオーバー」。つまり、「速度違反」のことである。

韓国では、「速度違反」には「できちゃった結婚」という意味もある。
「○○は、結婚会見では妊娠していないって言っていたけど、やっぱり速度違反だったね」というように使う。

P1000001

ストーリーは、独身DJナム・ヒョンス(チャ・テヒョン)のもとに、ある日突然、リスナーの未婚の母ファン・ジョンナム(パク・ボヨン)が男の子ファン・ギドン(ワン・ソクヒョン)を連れて訪れた。
自分はヒョンスの娘で、男の子は孫だという。
遺伝子検査の結果、ジョンナムは実の娘だということがわかり、その事実をヒョンスは受け入れざるを得なかった。
ヒョンスが仕方なくはじめた3人同居。この「スキャンダル」は、世間には知られてはならないものだった。
だがジョンナムは、歌手を目指していて、ヒョンスの番組の歌手オーディションコーナーに、出演したのだった・・・

前半は、笑えるシーンが多いが、この手の映画によくあるように、後半はホロリとするシーンがあり、最後はハッピーエンド。
これまで、チャ・テヒョンは、どの役を演じても「チャ・テヒョン」という感じだと思っていたが、「過速スキャンダル」でのチャ・テヒョンは、なかなかいい。
このタイプの映画は、彼の得意ジャンルであるが、演技に一層磨きがかかったようだ。

ジョンナムを演じているパク・ボヨンは、「過速スキャンダル」の演技で、百想芸術大賞の新人賞を受賞したが、私は授賞式で初めてパク・ボヨンを知った。
授賞式でのイメージが先だったので、この映画でパク・ボヨンを見たらずいぶん幼い感じがした。

私のお目当てはワン・ソクヒョンだったが、この子がなかなかいい味を出している。
インタビューでは、「特技は空気を読むことと、花札」というこの子は、これからどんなふうに成長していくか、楽しみだ。

ワン・ソクヒョン演じるギドンの初恋の相手の女の子は、どこかで見たことがあると思っていたら、ワン・ソクヒョンとこの女の子のCM撮影のNGシーンで見たのを思い出した。
ワン・ソクヒョンが大人気になったので、この「カップル」でCMが撮影されたのだろう。

なお、この映画で、チャ・テヒョンは、実の息子と初共演している。
最後のほうで、ヒョンスが出演している「ウリ生命」のCMが流れるが、そこでチャ・テヒョン抱いている子どもが、チャ・テヒョンの本当の子どもである。
息子の出演のギャラは、子供服6着だったそうだ。

| | コメント (0)
|

2010年2月25日 (木)

2月の花

先日のお花の教室では、2つのお花の組み合わせがあったが、桃の節句の前なので、どちらにも桃が入っていた。

菜の花が入っている組み合わせが、より春らしい感じだったので、桃の花、菜の花、雪柳の組み合わせを選んだ。

教室ではいつも、桃の節句にあわせて桃の花を生けるときは、重箱や塗り盆が花器として用意されている。

最初は、重箱を使って生けた。
P1030278

次は、塗り盆とお椀を使って、こじんまりと生けてみた。
P1030281

| | コメント (0)
|

2010年2月22日 (月)

「南極料理人」DVD

先々週の「王様のブランチ」のDVDコーナーで、堺雅人主演映画「南極料理人」が取り上げられていた。
「西村君、どうしよう・・・楽しい♪」
このシーンや、堺雅人が握るエッジの効いたおにぎりや、あのラーメン・・・
あんなシーンやこんなシーンを、もうすぐ好きなだけ見ることができる。

この映画は、私の好きな映画で、舞台挨拶付きの試写会で観たときから、DVDを早く欲しいと思ったものだ。
「南極料理人」のDVDは、あさって23日に発売されるが、昨日、発送したというメールが届いた。

以前、予約をしなくても、発売されてから買えばいいし・・・と思って、amazonで予約をしていなかったら、発売後は価格が上がっていた。

ちなみに、今日のamazonでの「南極料理人」豪華版DVDの価格は27%引きの4618円。
発売後は、いくらになるのだろうか。

「南極料理人」のDVDは、豪華版通常版がある。
豪華版は初回限定生産で、1.特典ディスク、2.ライナーノート(16P)、3.ポストカード(2枚)、4.レシピカード(4枚)が付いている。

他の特典には、それほどそそられないが、やはり特典ディスクは欲しいので、豪華版を購入した。
特典ディスクには、関西で放送された特番も入っているのだろうか。

| | コメント (3)
|

2010年2月21日 (日)

「台北に舞う雪」原作

昨日公開された映画「台北に舞う雪」は、原作本も発売されている。
著者は、この映画の脚本を書いた田代親世さん。
先日、田代さんに会ったときは、この原作本も持ってきていた。

私は、映画を観るときは、原作を読むのは映画を観た後にしているので、まず、映画を観に行こうと思っている。

昨日、田代さんに、「映画公開おめでとうございます。観に行きますね。」とメールしたら、田代さんからの返信メールには「シネスイッチ銀座は、金曜日がレディースデーで安かったはず」と書いてあった。

シネスイッチ銀座のサイトを見たら、やはり毎週金曜日がレディースデーで、料金は900円。
料金が半額というのはうれしいので、金曜日に観に行くことにした。

| | コメント (0)
|

2010年2月20日 (土)

「台北に舞う雪」

先日、久々に田代親世さんに会ったとき、映画のチラシを渡された。
「台北に舞う雪」のチラシである。

P1030252

田代親世さんは、韓国俳優のイベントのMCや、テレビや雑誌では韓国映画やドラマのナビゲーターとして活躍していて、チュ・ジフンの東京や横浜のイベントでは、田代さんがMCをしていたため、私はうらやましく思ったものだった。

韓流ファンなら知らない人がいない人だと思うが、実は「台北に舞う雪」の脚本は、田代さんが書いたものなのである。
以前、脚本を書きたいというのは聞いていたが、ついにそれが実現したわけだ。
自分の夢を実現できたなんて、他人事ながら、うれしくなる。

「台北に舞う雪」はフォ・ジェンチイが監督したラブストーリーで、チェン・ボーリン、トン・ヤオ、トニー・ヤンなどが出演。
第22回東京国際映画祭コンベンション部門に公式出品された。
先週の「王様のブランチ」の映画紹介コーナーでは、バレンタインデーということで、おすすめのラブストーリー映画として取り上げられていた。
しみじみと、心に染み入る映画を見たい人に、おすすめだと思う。

公開される今日、シネスイッチ銀座では、来場した人先着100名にハートの中国茶(心心相印)がプレゼントされる。

「台北に舞う雪」オフィシャルサイト

| | コメント (2)
|

2010年2月19日 (金)

消えてしまった・・・

最近は、本の構成案と原稿をプリントアウトしたもの、それにフロッピーディスクをクリアファイルに入れて持ち歩いている。
ひとつのパソコンだけで書いているわけではないので、外で書いた原稿は、フロッピーに保存して、メインのパソコンのハードディスクに移している。

USBメモリではなく、フロッピーを使っているのは、書き終わった原稿を各章ごとに分けてクリアファイルに入れているが、フロッピーなら薄いので、原稿と一緒にクリアファイルに入れても、かさばらないからだ。

だが・・・
昨夜、昨日書いた原稿をフロッピーからパソコンのハードディスクにコピーしようとしたら、「フォーマットされていないフロッピーです。フォーマットしますか?」との表示が・・・

これって・・・フロッピーがダメになって、昨日書いた原稿は消えてしまったってことですか???

もう、目の前真っ暗、頭の中真っ白・・・

むかしむかしにも、1日分の原稿が消えてしまったことがある。
そのときは、まだワープロを使っていて、メールというのも一般的なものではなく、原稿をフロッピーで編集者に渡していた。
編集者が来る時間になったので、渡せるところまでを分けてフロッピーにコピーしようとしたら・・・
あせっていて、1日分の原稿を消してしまった・・・(涙)

消してしまった原稿の量は、400字×20枚分。
つまり、8000字の文字を消してしまったのだ・・・
これには一瞬、ぼーぜんとしてしまった。

かなりタイトなスケジュールで書いていたので、1日分の原稿が消えてしまったのは大きいが、悔やんでいても原稿がよみがえるわけではないので、気を取り直して、再度、書いた。

それに比べると、今回は、まだ文章量が少なかったので、少しはマシである。
だが、今日は持ち株の株価も下がっているので、「はぁ~っ・・・・」と、深いため息が出そうだ。

| | コメント (2)
|

2010年2月15日 (月)

2月の花

先日のお花の教室では、桜が入った組み合わせがあったので、それを選んだ。

桜、アイリス、スプレー菊の組み合わせだったが、今回のテーマは「枝を横に使う」。ただし、枝の切り口は、水に浸かっていなければならない。
そこで、こんな感じで生けてみた。

P1030244

次は、自由に生けた。

P1030247

今は桜が九分咲きで、寒い日が続いているが、部屋の中では、一足先にお花見ができる。

| | コメント (0)
|

2010年2月13日 (土)

「過速スキャンダル」

2月13日、韓国映画「過速スキャンダル」が、ついに日本で公開される。

P1030208_2

この映画は、韓国では2008年12月3日に公開されたが、授賞式などに登場する子役のワン・ソクヒョンが気になって、この映画に興味を持つようになった。

ラブコメジャンルでは、韓国で興行成績がいちばんになったそうだが、パク・ボヨンはこの映画で、「百想芸術大賞」の新人賞と人気賞を、青龍映画祭では新人女優賞を受賞した。
チャ・テヒョンは「キミが受賞するためにボクは演じた」というようなことも語っていた。

だが、やはりいちばん見たいのは、ワン・ソクヒョンの演技。
口を曲げながら、あの「チッ!」というのを映画の中で見たいのである。

| | コメント (2)
|

2010年2月11日 (木)

年々困ってしまうこと

祝日の今日も仕事をしていた。
今日やっていたのは、FPテキストの改訂。

ずいぶん前に、日本FP協会が発行しているFPテキストを書いたが、毎年、このシーズンになると、改訂作業をしなければならない。

以前は、火災保険や自動車保険は、どの保険会社で契約しても、補償内容は同じだった。
だが、最近は、各損害保険会社の独自商品が主流になっている。
テキストを書いたときと状況がかなり違っているが、それぞれの保険会社の商品を取り上げるスペースの余裕はないし、他のジャンルとの絡みもあり、大きな改訂はできない。

年々、このギャップが大きくなり、悩ましいのだが、今のところ、細かい改訂で納めるしかなく、この時期になると、ちょっと困ってしまうのである。

| | コメント (0)
|

2010年2月 9日 (火)

博愛座

「博愛座」という文字を見て、どんなことを思い浮かべるだろうか?
私は、芝居関係のことを連想してしまう。芝居小屋とか劇団とか。

P1000010だが、「博愛座」とは、中国語で「優先席」のこと。
米子空港の搭乗口前のイスで、初めて知った。
「博愛座席」や「博愛席」と書いてあれば、イメージがつかめるのだが。

| | コメント (0)
|

2010年2月 7日 (日)

鬼太郎空港

先日、米子空港に行ったら、「米子鬼太郎空港」と書かれた看板が見えた。
どうやらこれが米子空港の愛称のようだ。
入り口横にも、銅像の鬼太郎が立っている。

P1000008

米子空港のある境港市は、「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげる氏の出身地で、市内には水木氏の描いた妖怪の像が並ぶ「水木しげるロード」もあるそうだ。

空港の売店にも、「ゲゲゲの鬼太郎」に登場するキャラクターをパッケージに使用したキャラメルや、レトルトのカレーがあった。

P1000009

鬼太郎ファンならずとも、ウケ狙いで、お土産に買っていく人も多いのではないかと思う。

| | コメント (0)
|

2010年2月 3日 (水)

恵方巻サンド

P1000007_2節分には恵方巻を食べるという関西の風習も、スーパーやコンビニの宣伝により、東京でもすっかり根付いたようだ。

恵方巻にも、普通の太巻きのほかに、ヒレカツ巻や海鮮巻などがあるが、コンビニに行ったときに、恵方ロールなるものを見つけた。細いロールケーキで、節分限定販売。
食事時に恵方巻を食べることができなくても、デザートやおやつで恵方巻(もどき)を食べることができるようにしたコンビニの販売戦略に笑ってしまった。

だが、こんなことで驚いてはいけなかった。
ご飯とは縁のないパン屋さんでも、この商機を逃がしてはならじと、恵方巻サンドを販売していた。
ロールサンドに海苔が巻いてあるのだ。
ここまでやるのか・・・パン屋。

| | コメント (0)
|

2010年2月 1日 (月)

けさの天気予報で、今日は午後から雨が降り、雪に変わると言っていた。

私は本を読むときは、お店でお茶を飲みながらか、図書館でというのが多いが、今日も外が見えるカウンター席で本を読んでいて、ふと前を見ると、窓越しに雪が舞い始めたのが見えた。

元旦に、吹雪いている所に行ったので、今年初めての雪ではないが、東京で見る今シーズン初の雪には、また別の感慨がある。

10時過ぎまで本を読んで、お店を出ると、テラス席には少し雪が積もっていた。

家に帰って、録画予約していたはずのスカパー!の番組をチェックすると、「白い嘘」も「シティーホール」もなぜか録画できていなかった。

録画に失敗した「シティーホール」をやめて、「がんばれクムスン」を見ていたら、映像が乱れ始めて、ついに受信できなくなった。
他のチャンネルも映像が乱れ始めて、受信できなくなったが、なぜかKNTVだけはきれいに映っていた。なぜだろう・・・

だが、「シティーホール」が終わった頃から、KNTVも受信できなくなった。
夜中に録画予約をしている番組があるが、今夜はもうムリだろうか・・・
大雨が降ると、スカパー!は受信できなくなることがあるが、雪にも弱かった。

いま、外を見ると、雪が少し積もっている。
もう少しお店で本を読んでいたら、危ないところだった。
甘酒でも飲んで、今日は寝ることにしよう。

| | コメント (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »