« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

4月の花

先日のお花の教室では、ショウブが入った組み合わせがあったので、季節柄、トクサ、ショウブ、ナデシコの組み合わせを選んだ。

今回のテーマは、「線の構成」。
トクサは5本入っていたが、3本だけ使った。
P1030541


次は、いつも通り、自由に生けた。
今回は、異なる花器を2つ組み合わせてみた。
P1030545

| | コメント (0)
|

2010年4月27日 (火)

手作りのコート

夏のような陽気になったかと思うと、翌日は冬に逆戻り。
私の好きな春はどこに行った!?
こんな毎日なので、様子を見ながら冬物をしまっている。

これはもう着ないと思う服は処分しているが、少しボロくなったと思うけれど、処分できない服もある。
自分で作ったキルティングのコートである。
軽くて暖かく、汚れても、バシャバシャ水洗いできる。

このコートは、まずデザイン画を描き、原型から型紙を起こして、仮縫いもして完成。
身頃の裏地は、暖かいようにフリースをライナーっぽく付け、袖には普通の裏地を付けた。
襟付けの時は、ミシン針が3本折れた。

ボタンを留めるループはキルティングの綿をはがし、表地だけで作った。
P1030538

スナップは目立たないように、これもまたキルティングの綿をはがし、表地でくるんだ。
P1030537

| | コメント (0)
|

2010年4月25日 (日)

この花な~んだ?

P1030539

答え
このときのチューリップ。

| | コメント (0)
|

2010年4月22日 (木)

いいものみっけ!

特に買い物の予定はなくても、ちょっとお店に立ち寄ってみると、「こんな物の欲しかった!」と思う物と出会うことがある。

先日、立ち寄ったスーパーの特設コーナーでキッチン用品を売っていた。
そこで出会ったのは、京セラのごますり器。

P1030365_2ごま和えを作るのに、すり鉢を出してごまをするのは面倒なので、よくお店で見かけるプラスチック製のごますり器を使っていたが、あまりよくすれないので、なかなか使う気になれなかった。

京セラのごますり器は、セラミックミルでするので、なんだかこれならよくすれそうな気がした。
荒さが調節できない物は1050円、調節できる物なら1575円と、プラスチック製の物に比べるとちょっと高めだが、使い勝手のいい物なら、ごますり器なんてそう買い換える物ではないので、荒さが調節できるタイプの物を買った。

早速、ごまを入れて、荒さを細かく設定して使ってみると、ふわふわとしたすりごまが出てくる。
口当たりもいい。
このごますり器を買ってから、すりごまを食べる回数が、ダントツに増えたので、健康にもいいだろう。
分解して水洗いもできるので、清潔な感じもgood。
「道具」で、久々に感動的な物に出会えた。

私は、たまたま入ったスーパーの特設コーナーで、このごますり器に出会ったが、amazonで検索してみたら、amazonでも売っていた。
1個でも送料無料。しかも翌日配送。
黒ごま用に、もうひとつ買おうと思う。

| | コメント (0)
|

2010年4月18日 (日)

3週目の桜

今年は桜が開花してから、真冬のような寒さが何度も戻ってきたため、週末は3週間にわたって桜の花を楽しむことができた。
11日でも、まだしっかり花を付けている木があった。
P1000035

風が吹くと花吹雪が舞い、花びらで川面は白くなっていた。
P1000032

| | コメント (0)
|

2010年4月17日 (土)

4月の花

先日のお花の教室では、チューリップが入ったものがあったので、コデマリ、フリージア、チューリップの組み合わせを選んだ。
やはりチューリップが入ると、春という感じがする。

今回のテーマは「複数花器を使って生ける」。
花を生けた2つの花器の間に、花器だけを横に置いてみた。
P1030459

次は、いつものように自由に生けた。
P1030463

| | コメント (0)
|

2010年4月14日 (水)

八雲

中目黒のお花見の途中、八雲で特製ワンタン麺を食べた。
P1030451 

このお店には時々行くが、いつも特製ワンタン麺を食べる。
隣の人がつけ麺を食べていると、次回はつけ麺にしようかと思うが、行くと、やはり特製ワンタン麺にしてしまう。

特製ワンタン麺には、エビワンタンと肉ワンタンが3個ずつ入っているが、このワンタンがおいしい。
エビワンタン麺と肉ワンタン麺もあるが、やはり両方味わえる特製ワンタン麺がおすすめ。

だがこの日は、それほどお腹が空いていなかったので、ハーフを注文。
ハーフは、エビワンタンと肉ワンタンが2個ずつ入っている。

スープは白だしと黒だしがあるが、両方合わせたミックスも注文できる。
私は、スープはミックスにすることが多いが、この日は、白だしにした。
特製ワンタン麺は950円だが、かなりボリュームがあり、それほどお腹が空いていないときは、ハーフ(850円)かワンタンだけでもいいかと思う。

夜は5時から営業しているが、以前、7時半に行ったら、すでにスープがなくなり、食べることができなかった。
人気店なので、確実に食べるためには、7時までに行ったほうがいいと思う。

| | コメント (0)
|

2010年4月12日 (月)

4月の雨

今年の春は、寒暖の差が激しく、雨も多い。
雨の中の桜も、なかなかきれいだ。
P1000028

P1000025

| | コメント (0)
|

2010年4月11日 (日)

雨の中のお花見 part4

「飯田橋」からは地下鉄で「中目黒」へ。

「中目黒」からは目黒川沿いを歩いた。
ここも桜の名所なので、土日はものすごい人出だったが、7日は平日で雨も降っているため、人もまばらだった。
目黒川の桜は、満開をちょっと過ぎた頃で、風が吹くと花吹雪がとてもきれいだった。

P1030449

P1030450

P1030452

P1030453

雨の中のお散歩は、午後1時からスタートして、終了は午後6時。
電車に乗っていた時間と食事していた時間を除くと、4時間もお散歩していたことになる。
散歩した時間は、2日間で6時間半。

厚手の靴下とスニーカーで歩けばいいのに、普通の靴下とローファーで歩いたので、足の裏に大きなマメできていた。(←おバカ)

| | コメント (0)
|

2010年4月10日 (土)

雨の中のお花見 part3

「市ヶ谷」からはお堀の横の道を「飯田橋」へ。
P1030428

P1030430

P1030432

この道の「市ヶ谷」近くの桜は、木によってはまだつぼみをたくさんつけているものもある。
P1030433

P1030434

P1030440

| | コメント (0)
|

2010年4月 9日 (金)

雨の中のお花見 part2

「四谷」からも土手を通って「市ヶ谷」へ。
P1030422

P1030424_2

P1030423_2

| | コメント (0)
|

2010年4月 8日 (木)

雨の中のお花見 part1

昨日は雨が降ったりして寒かったが、一昨日に引き続きやけ歩き&やけ花見をした。
一昨日は、上智大学横の土手に着いたときにはすでに暗くなっていたので、リベンジでホテルニューオータニ近くの土手からスタート。

土手から「四谷」方向へ向かう。
P1030403

P1030404

P1030405

P1030407

P1030408

P1030409

P1030413

P1030412

P1030414

P1030417

P1030415

| | コメント (0)
|

2010年4月 7日 (水)

千鳥ヶ淵の夜桜

やはり桜の季節なら。千鳥ヶ淵の夜桜ははずせない。
もちろん昼間もきれいだが、この季節は、夜、ライトアップされていて、幻想的で言葉にできないくらいに美しい。

私はいつも「半蔵門」側から千鳥ヶ淵に行く。
「九段下」のほうが近いが、この時期はものすごい人出で、千鳥ヶ淵に入るための行列ができているほどだ。
「半蔵門」側からなら、列ぶことなく千鳥ヶ淵に入ることができる。

で、「言葉にできない美しさ」なので、ここからは撮った写真だけ。
P1030380

P1030382_2

P1030383

P1030385

P1030386

P1030387

P1030388

P1030390

P1030391

P1030392
 
P1030394_2

P1030396

P1030398_2

P1030400

P1030402

| | コメント (0)
|

2010年4月 6日 (火)

日曜日は寒くなったが、今日はお花見日和で、先月からの落ち込みの原因から浮上できるか・・・と思っていたところ、はっきりとダメになったのがわかったので、やけ酒ややけ食いではなく、やけ歩き&やけ花見(←こんな言葉があるのか?)することにした。
一応断っておくが、落ち込みの原因はプライベートなことではなく、仕事である。

まずスタートは青山墓地。
この近辺ではいちばんの桜の名所で、いつもはこの時期、お花見宴会をする人でにぎわっているが、今年は墓地内での宴会は禁止されたそうだ。
そのためか、屋台も出ていない。

P1030367
P1030370

赤坂消防署のところから西麻布方向へ歩いたが、3分の2くらい行ったところで引き返した。
なんたって、先は長いのだ。

青山通りに出て、「青山一丁目」を通り過ぎ「赤坂見附」に着いたら、もう暗くなっていたが、グランドプリンスホテル赤坂のところのライトアップされた桜がきれいだった。
P1030371

「赤坂見附」からホテルニューオータニの中を通って、上智大学横の土手を「四谷」に向かって歩く。
ここから「飯田橋」までのお堀沿いの桜はきれいだ。

上智大学横の土手では、上智の学生が宴会をしていた。
土手の下の上智大学横の通りに表示があり、その道は「ソフィアロード」と言うそうだ。
もちろんその「ソフィア」とは、「上智大学」の英語表記である「ソフィアユニバーシティー」(←一応日本語で書いた)からきている。
私が通っていた頃は、そんな名前は聞いたことなかった。
いつからそこの道に、こんな名前がついたのだろうか。

上智大学横の土手の桜は、特にライトアップされているわけではないので、明るかったらきれいだろうに・・・と、ちょっと不満。
P1030372

「四谷」からは「市ヶ谷」までの土手を歩くのではなく、「半蔵門」に向かった。
今日の最終目的地は、千鳥ヶ淵だからだ。
千鳥ヶ淵の夜桜は、ライトアップされていて、毎年見ているが、幻想的できれいだ。
P1030379
P1030382
P1030389_2 

当然のことながら、すごい人出だった。
私は知らずに行ったのだが、千鳥ヶ淵のライトアップは、今日の午後8時までだった。
「九段下」のほうに抜けたとき、ライトアップが終わる直前だった。
これはラッキーだった。

千鳥ヶ淵から靖国神社に行った。
靖国神社は屋台がたくさん出ていて、宴会をしている人も多いが、桜を特にライトアップしているわけではないので、ここも明るいときならきれいだっただろうと思った。

靖国神社から「市ヶ谷」へ向かい、「市ヶ谷」で今日の花見散歩は終了した。
青山墓地から市ヶ谷駅まで、2時間半のやけ花見散歩になった。

| | コメント (0)
|

2010年4月 5日 (月)

初挑戦

先日、イナダを買ってしまった。
安かったからだが、どうして「買ってしまった」なのかは、「おろしません」と書いてあるのに気づかずに買ってしまったからである。
安いかわりに、おろさないのだろう。

P1030363

大きなサバくらいなら自分でおろすことができるが、なにしろ買ったイナダの体長は38cm。
家でいちばん大きいまな板からも、はみ出している。
魚をおろすのに使っている包丁は牛刀。
こんな大きな魚はおろしたことがない。

なんとか牛刀で2枚におろして、片身は照り焼きに、片身は大根と一緒にブリ(イナダ)大根にした。

こんな大きな魚をおろすには、やはり出刃包丁は必要だろうか。
カツオくらいなら、出刃包丁は必要だと思うが、カツオを自分でおろすようなシチュエーションは考えにくい。
今回のイナダくらいなら、牛刀でもおろせないことはない。
だが、それ以来、キッチン用品売り場に行くと、つい出刃包丁を見てしまうのだった。

| | コメント (0)
|

2010年4月 3日 (土)

お花見

今年は初めての場所でお花見をした。
先週の土曜日も同じ場所でお花見をしたが、その時はまだ3分咲き。
でも、景色がいい場所で暖かな日だったので、気持ちよかった。

隅田川沿いの場所だが、こんな場所があったのかと今更ながら思うような場所で、「ここなら来週もかなり期待できそう」と思ったので、今週も同じ場所の花見に行った。

P1000021

今日も晴れて暖かく、満開の桜のもと、向こう岸の景色もよく、こんなにいい条件がそろっているのに、穴場のようで混雑していないのがいい。
どこなのかは、ナイショ。

| | コメント (0)
|

2010年4月 2日 (金)

春の嵐

昨日からけさにかけ、強い風が吹き荒れ、風がおさまったあと、雨が降った。
満開になった桜が気がかりだったので、偵察してくると・・・
想像していたより、花は散ってなかった。

春の嵐が数日遅かったら、文字通りの桜吹雪で、花はほとんど落ちていただろう。

あんな強風にも負けなかった桜。エライぞ!

| | コメント (1)
|

2010年4月 1日 (木)

5年目突入

今日で、このブログも5年目に突入した。
当初、オフィシャルサイトのコンテンツのひとつとしてはじめたが、なんとなく、ここまで続いてきた。

何でもアリのブログだが、「読むと元気になる」とか、「楽しみにしている」とコメントを入れてくれる人がいれば、まぁ存在理由もあるかと思う。
私が元気がないときは、さりげなく元気が出るようなコメントを入れてくれる人もいる。

以前は、コメントを入れてくれる人も多く、コメント常連さんたちとは、お茶会や食事会で親しくなり、会ったり、直接メールのやり取りをしている人もいる。
そういう人たちは、コメントではなく、直接メールをくれるようになったため、今は、コメントは少なくなった。

私のようにオフィシャルブログとして、顔も名前も出して書いていると、時にはイヤな思いをすることもあるが、それ以上の喜びのようなものも、あるのではないかと思う。

| | コメント (0)
|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »