« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

6月の花

先日のお花の教室では、雪柳、シャクヤク、トルコキキョウの組み合わせを選んだ。
1つ目は、特にテーマがなかったので、自由に生けた。
P1030728

シャクヤクは、咲くと花のボリュームがかなりあるため、もっと開いてきたら低くし、逆にトルコキキョウを高く持ってくるため、トルコキキョウは長めのものを取っておいた。

次は、切り落としたシャクヤクの茎に葉がかなりついていたので、それを使って葉の構成をするように先生に言われた。
P1030734

| | コメント (0)
|

2010年6月24日 (木)

キュウリが病気に

雄花をたくさんつけていたキュウリだが、新たなつぼみはなく、成長も遅くなったようだ。
葉を見ると、黄色い斑点が出ている。
P1030738
もしかして・・・これって病気?

ネットでキュウリの病気を検索してみると、似たような症状の画像が出てくる。
下のほうの葉を取って、野菜の苗を売っているお店に持って行き、お店の人に見せると、やはり病気だという。
今年は、雨が多く、湿度が高かったので、病気になったそうだ。

上のほうの葉まで黄色い斑点が出ていると、再生させるのが難しいから、新しい苗を買って植え替えることを勧められた。
でも、ここまで育てて、愛着があるキュウリなので、最後まで面倒を見ようと思う。

| | コメント (0)
|

2010年6月18日 (金)

青虫との戦い

やっと葉が大きくなった青ジソ2号が、虫に食われていた。
P1030727

すでに、葉がワサワサ状態に茂って大きくなっている青ジソ1号は、虫に食われていない。
柔らかい葉を選んで食べているのだろうか。

夜、青ジソ2号を見ると、虫食いの範囲が広がっている。
葉を裏返したら、小さな青虫を発見。
「うちの青ジソは、キミの食料として育てているんじゃない!」と、青虫には退散していただいた。

| | コメント (0)
|

2010年6月17日 (木)

レッドデビルのお昼ごはん

先日、新大久保に行ったら、ワールドカップの韓国戦の前日だったようで、お店の人が赤いユニフォームを着て、頭にはデビルの角を付けていて、レッドデビルの街になっていた。

韓国に行くと、一回は食べるのがジャジャ麺。
時々無性に食べたくなり、近所のスーパーで韓国風ジャジャ麺と書いてあるものを買ってきたこともあるが、ピリ辛で挽肉が入っており、ちっとも韓国風ではない。

新大久保に行ったときに、「一品」というインスタントのジャジャ麺を買ってくることがあり、無性に食べたくなると、これを食べていた。
この「一品」の麺は乾麺だが、ソースはレトルトで、それっぽい。
ただし、パッケージの写真と違い、中に入っている具材は少ないので、タマネギを炒めたり、ゆでたジャガイモがあれば、それをサイコロ状に切って入れていた。

以前、新大久保の韓国料理屋さんのメニューで、ジャジャ麺を見たことがあるが、お値段はなんと1000円。
ソウルでは4000W(約320円)で食べられる一般的な食べ物に、1000円払う気はしない。

最近は、ジャジャ麺を500円で食べられる「タリエン」というお店を見つけたので、先日はそこにジャジャ麺を食べに行った。
やはり、生麺はおいしい。
そこで、今回は「一品」ではなく、韓国スーパーで、「宋家」のジャジャ麺用の生麺とレトルトのソースを買ってきた。

麺のゆで時間は2分と書いてあったが、2分ゆでたら柔らかすぎたので、1分を過ぎたら様子を見た方がいいと思った。
それにジャジャ麺用のソースをかけ、うちのベランダで採れたキュウリを千切りにして載せ、お昼ご飯に食べた。
P1030735

今回は、ジャジャ麺のソースの素のような物も買ってきた。
ジャジャ麺の生麺を他の物で代用するなら、ちょっと細めのうどんの乾麺がいいのではないかと思う。
次回は、ちょっと細めのうどんの乾麺と、このソースの素で作ったジャジャ麺を試してみようと思う。

| | コメント (0)
|

2010年6月14日 (月)

とみつ金時のロールケーキ 

先日、新宿伊勢丹に行ったら、催事場で『チアアップ!ニッポンの”食”展』というのをやっていた。
いろいろ試食してみたが、買ったのはサバエ・シティーホテルの「とみつ金時のロールケーキ」。
お値段は、ハーフサイズで630円だった。
P1030715

中心に見えるのは、スポンジと色が同じなのでわかりにくいが、とみつ金時というさつまいもで作ったクリームだ。
さつまいもの味が主張しすぎず、ほんのりとした甘さのクリームだった。
このクリームと、周り生クリームの味が見事に調和していて、美味しかった。

近所で売っていたら時々買いたいと思うが、催事でしか売っていないようだし、サバエ・シティーホテルの通販でも、このロールケーキは取り扱っていないようなので、残念だ。
もしどこかで、このロールケーキに遭遇したら、ぜひお試しあれ。

| | コメント (0)
|

2010年6月13日 (日)

6月の花

先日、お花の教室に行ったら、シャクヤクを生けている人がいた。
もう、そんな季節なんだなぁ・・・と思い、シャクヤクが入っている組み合わせを選ぼうとしたら、出遅れたようで、シャクヤクの組み合わせはなくなっていた。

そこで、ニューサイラン、ギガンジューム、ソリダコの組み合わせを選んだ。
今日は、特にテーマがなかったので、自由に生けた。P1030710

次は、ギガンジュームを輪にして生けてみた。
P1030714

| | コメント (0)
|

2010年6月12日 (土)

ゲキ×シネ「蛮幽鬼」前売り券発売開始

先日、ゲキ×シネ「蛮幽鬼」の公式サイトができたが、公開日は10月2日。前売り券は今日から発売される。

昨年秋、「蛮幽鬼」の舞台に魅了され、東京公演は初日、中日、千秋楽に観に行ったが、その後の大阪公演での進化を知ると、居ても立ってもいられず、大阪公演の前楽と大千秋楽のチケットを入手し、大阪まで観に行ってしまった。

大千秋楽では、「一滴の愛」が流れ、最後の立ち回りのシーンになると、涙が出てきた。
大千秋楽の公演が終わっても、すぐに会場を立ち去れなかった。
東京公演の初日から観てきたが、もう、これを最後にサジや土門に会えないと思うと、心にポッカリ穴が空いたような感じだった。

公演が終わっても、「蛮幽鬼」のOSTをBGMにして過ごし、「蛮幽鬼」中毒になっていた。
そんなある日、前作の「蜉蝣峠」のゲキシネを観に行ったが、この芝居は私の好みではなかった。
どうも私は、宮藤官九郎の感性とは合わないようだ。

だが、「蜉蝣峠」を上映する前に、「蛮幽鬼」の予告がちょっとだけ流れた。
土門(上川隆也)とサジ(堺雅人)のシーンである。
そして、あの「蛮幽鬼」のテーマ曲が・・・
もう、これだけでも観に来て良かったと思った。

ゲキ×シネだと、顔の表情などがアップになるので、舞台とはまた違った楽しみ方ができる。
私が毎回注目していたのが、土門がサジに「調部を殺したのはお前か?」と言うと、それまで微笑みをたたえていたサジの目が狂気を帯び、「よくわかったね」と言うシーンである。
そして、狂気をはらんだ目は、また微笑んだ目に変わる。
このシーンの堺雅人の表情を、大きなスクリーンで、アップで観ることができるのは、楽しみだ。

ゲキ×シネの映像は、東京公演の中日を少し過ぎた頃のものだが、大阪公演ではずいぶん進化していたので、大阪公演の千秋楽近くの公演の映像も観てみたい。

ゲキ×シネの後は、DVDが発売される。
もちろんDVDも買うと思うが、ゲキ×シネも、何回も観に行きそうな予感がする。

| | コメント (1)
|

2010年6月 7日 (月)

もっと大きくなりました

青ジソはすくすく成長して、こんなに大きくなった。
P1030700

葉も大きく、どこまで大きくなるんだろうと見ていたら、これまでになく大きくなった。
P1030691

こぼれ種からたくさん芽が出たので、青ジソ用の植木鉢に植え替え、育ててから友人や知人に声をかけ、苗をあげている。
今年の青ジソ作りはなかなかうまくいっているので、育て方のアドバイスもしている。

| | コメント (0)
|

2010年6月 6日 (日)

キュウリ初収穫

受粉のタイミングが遅かった最初の雌花は、実のなる部分が萎れてしまったが、1日遅れで花が咲いた小さい方は、受粉が成功し、実が大きくなっていった。
そろそろ収穫時なので、今年はじめてのキュウリを収穫した。
P1030693

下の方に咲いた雌花だったので、土と植木鉢のせいで、曲がってしまった。
だが、やはり収穫したてのキュウリはみずみずしく、切り口からは水が出た。
P1030694

| | コメント (0)
|

2010年6月 4日 (金)

こんなに大きくなりました

青ジソが、最近、加速度が付いたように大きくなる。

今年は、最初から大きな植木鉢を使い、土もしっかり再生させ、苦土石灰も混ぜ、元肥もやったせいか、これまでになく青ジソの葉が大きい。
P1030687

P1030679

4月30日の青ジソ
P1030549
 

| | コメント (0)
|

2010年6月 2日 (水)

三つ葉の花

三つ葉に花が咲いた。
三つ葉の花を見たのは、初めてだ。
P1030668

| | コメント (0)
|

2010年6月 1日 (火)

便利グッズ

たまに100円ショップを覗くと、「こんな物が欲しかった!」と思う物に遭遇することがある。
これもその一つ。

夏は水が腐りやすいので、お花を生けた水盤の水を換えたいのだが、なかなか難しい。
そんな時に、このお手頃サイズのポンプが役に立つ。
P1020130

| | コメント (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »