« 大田の花火 | トップページ | 神楽坂 おいしんぼ »

2010年8月19日 (木)

8月の花

先日のお花の教室では、パンパス、カーネーション、デンファレ、ハランの組み合わせを選んだ。
パンパスを生けるのは、久しぶりだ。

今回は、初めての後ろ生け。
普通、お花を生けるときは、作品の前から生けるが、後ろ生けとは、作品の後ろ側から生けるのである。
なぜそういうことをするかというと、デモンストレーションでお花の生け方を見せるとき、前から生けたのでは、生けている人が邪魔になって、見る人からはよく見えないからである。

つまり、後ろ生けとは、デモンストレーションをするような人が練習する生け方であり、師範クラスの練習方法だのだが、今回は先生に、いきなり後ろ生けをするように言われて、後ろ生け初体験だった。

生け方は、基本の立真形。
最近、自由に生けているので、副と控の角度を勘違いしていた。
後ろから見ても、足元がバラバラだと思ったが、一応、後ろ生けを完成させた。

後ろから見たら、こんな感じ。
P1030826

そして、前に回って見ると・・・
P1030824

やはり、デンファレがバラバラな感じで入っているし、副と控の角度が違う。

前から直して完成されたのが、こちら。
P1030827

次は、花器を変えて、いつも通り、前から自由に生けた。
花器の形が面白いので、花材は少し使った。
P1030829

次は、2つの花器を組み合わせて、下の花器は、ハランで包んでみた。
P1030833_2

|
|

« 大田の花火 | トップページ | 神楽坂 おいしんぼ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大田の花火 | トップページ | 神楽坂 おいしんぼ »