« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

キム・ジェウクファンミーティング

29日は、キム・ジェウクのファンミーティングに行った。
ジェウクは小学校に入る前まで日本にいたので、フツーに日本語ができる。
なので、通訳はもちろん必要なく、ジェウク自身の言葉を聞けるので、前回も楽しかった。
P1040288

今回も彼がやっているバンドWALRUSと一緒だが、前回よりも歌の時間がかなり長かった。
歌でスタートし、2曲目はMISIAの『逢いたくていま』を日本語で歌う。
ドラマ『仁』の主題歌だが、これがなかなかいい。

MCの李由美さんがジェウクをいろいろいじるのだが、ジェウクは「いじられるより、いじるほうが好き」と。
李由美さんのイジリが好きではない様子。私も、彼女のイジリは好きではないが。
MCは、前回の古家正亨さんのほうがよかった。

途中、会場からの質問を受け付け、「日本の俳優で好きな人は?」には、「堤真一さんと中谷美紀さん」。
「共演したい俳優は?」には、「以前にも共演しましたが、チュ・ジフンさん。今度は(演技で)彼を潰します」と。

今回も最後は握手会があり、いつもは韓国の俳優には韓国語で話しかけるが、ジェウクには日本語で話しかけることにしている。
前回は、声が小さく、ちょっと聞き取りにくかったうようで、「えっ?」と、耳を私の顔に近づけてきたので、ちょっとドキドキした。

今回は、何て話しかけよう・・・
と思っても、フツーなことしか思い浮かばない。
そうだ・・・
彼の言葉を思い出した。

ジェウクの手を握りながら「ぜひ、演技でチュ・ジフンを潰してください!」と言うと、
(力強く)「ありがとう!」(キッパリと)「潰します!」。
フツーに「がんばります」とか、「ありがとう」と返してくるかと思っていたので、この力強い返事に、ちょっと驚いた。

ジェウクの昨年の出演ドラマ「悪い男(邦題:赤と黒)」は、NHKで放送予定である。
これでもっと人気が出たら、ファンミーティング会場も、もっと大きくなり、握手会もなくなるだろうな・・・と、ちょっと寂しくなる。
もちろん、ジェウクの良さを多くの人に知って欲しいのではあるが。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

| | コメント (0)
|

2011年1月26日 (水)

1月の花

今回のお花の教室では、雪柳、チューリップ、菜の花の組み合わせを選んだ。
1月なのに、春のような組み合わせ。

花の組み合わせは好きだったが、今回は枝に割を入れ、割を組み合わせて投げ入れするように、先生に言われた。
雪柳なのに・・・

何度もチャレンジたが、割を入れたところから、割れて取れてしまう。
今回は先生の力を借りて、何とか完成。
P1040284

| | コメント (0)
|

2011年1月22日 (土)

「ホケモン」オープン

保険情報サイト「ホケモン」が、今日オープンした。
私もこのサイトのコンテンツを書いているが、オープンにあたって、そこそこの情報がないといけないので、ここしばらく、コンテンツを書くのに忙しかった。

これからも、情報を充実させたり、保険関係の新情報を取り上げたり、このサイトと関わっていくので、よろしく!

なお、そちらにも私のブログがあるが、そちらは「つぶやき」など、その時々の想いなどを書いていこうと思っている。

| | コメント (0)
|

2011年1月18日 (火)

1月の花

今年の初稽古の花材は、水仙が入った組み合わせだった。
私は、水仙とネコ柳の組み合わせを選んだ。

早春の水仙は、寒さの中で花を付けている風情を見せるため、葉が花より高くなるように組み直す。
葉に動きを出すため、中に細いワイヤーを通したりもする。

最初は水仙の一線生け。
P1040229

次は、ネコ柳も使って投げ入れ。
P1040232

| | コメント (0)
|

2011年1月14日 (金)

「人生は不条理」

与謝野馨が、なんと経済財政政策担当大臣として入閣した。
それも、海江田万里さんの後任として。

海江田さんと与謝野氏は、東京1区のライバルで、私は海江田さんと政策提言の会をやっていたことがあるので、この2人の激戦は、よく知っている。

前回の衆院選の東京1区は、海江田さんが当選し、敗れた与謝野氏は、自民党の比例で復活当選した。

比例で当選ということは、投票した人は「自由民主党」に投票したわけだが、この与謝野氏、自民党を離党し、「たちあがれ日本」を結党。
「自由民主党」に投票した人にしてみれば、「自由民主党」を選んだわけで、「与謝野馨」を選んだわけでないのに、自分たちの入れた票は、意思とは違う方向へ行った。
それに、与謝野氏は「反民主」だったはずなのだが、民主党政権で入閣。
そりゃぁ、海江田さんが「人生は不条理」と言いたくなるのも、わかる。

それにしても、民主党は、こういう人を入閣させなければならないほど、人材不足ってことなのだろう。

| | コメント (0)
|

2011年1月 8日 (土)

うどんすきパーティー

知人宅の新年会でうどんすきをすることになり、うどん打ちを頼まれた。

うどん打ちは私の特技であり、以前は家でよくうどんすきパーティーをしていたが、それに参加したことがある知人が、私の打つうどんは美味しいと言ったため、メインメニューがうどんすきになった。

朝から生地をこね、うどん打ちグッズと、うどんすきの食材を持って、知人宅に行った。

私は「うどん」というと関西風のもので、東京の黒いおつゆのうどんは、「うどん」という名の別物だと思っている。
東京で美味しいうどんを食べようと思ったら、自分で作るしかないと思い、最初はおつゆだけ作り、うどんは市販の物を使っていたが、そのうち、うどんも打つようになった。

うどんは、釜揚げと、それを水でもみ洗いした物では味が違う。
そこで、ゆで上がった物をまず1本ずつ味わってもらい、次に水でもみ洗いした物を1本ずつ食べて、味や食感を比べてもらった。

うどんすきでは、うどんは〆ではなく主役なので、最初からうどんを入れる。
手打ちうどんは、鍋で煮込んでも煮くずれず、だんだん味もしみてくるので、その変化も楽しむことができる。

| | コメント (0)
|

2011年1月 4日 (火)

王子の狐

元旦には、王子稲荷神社にもお詣りした。
王子稲荷神社は、関東稲荷総司。つまり関東の稲荷神社の頭領だそうである。

元旦には、大きな狐のお面が飾られているということなので行ってみたのだが、本当に大きなお面だった。
P1000048

P1000047
大晦日の夜には、「狐の行列」が行われるそうだが、これも一度は見てみたいと思う。

| | コメント (0)
|

2011年1月 1日 (土)

初詣

新年を東京で迎えた。

今年は、最初から帰省しないことにしていたので、問題はなかったが、帰省することにしていたら、大雪で大変だったと思う。

東京の元旦は、快晴。
気持ちよく晴れている。

近所の神社に初詣しようと思ったら、もの凄い長蛇の列。
私は昨年7月下旬から、東京にいないとき以外は毎日、氏神様にお詣りしている。
きっかけは、友人に紹介されたヒーラーに勧められたから。

昨年の春からどん底状態で、赤坂氷川神社で清祓いしてもらったが、そのヒーラーの人に「いつもはお詣りしていないのに、1回お祓いしただけじゃダメです」と言われた。
そして、「3か月毎日氏神様にお詣りすると、波動が上がる」と。

「そう言うと、みんな『毎日お詣りします』と言うけど、3か月毎日続ける人はほとんどいないんですよね」とも。

お詣りするときは、願い事しかしない人が多いそうだが、まず感謝をすること。それから願い事をするのだそうだ。

真夏の暑い日も、台風の日も、風邪で熱がある日も、毎日お詣りした。
お詣りしたい気分だったときは、1日に3回お詣りしたこともある。

そして3か月経った頃・・・
本当に少し日が差してきた。

その頃気づいたのが、毎日、感謝する習慣ができて、それまで何とも思っていなかったようなことにまで感謝することができ、それが状況を良くしていったのではないかと。

ただ「感謝しなさい」と言われても、漠然としすぎているように思うが、毎日お詣りしたときに、まず感謝するようにしていれば、毎日、具体的に感謝をすることになる。

"感謝するようなこと"は、そう毎日起きるものではない。
でも、願い事をする前に感謝をするのであれば、”感謝をすること”を探すことになる。
たとえば、「気持ちの良い天気」だったり、「美味しくごはんを食べられた」とか。
すると、それまではあたりまえのように思っていたことでも、感謝できるようになっている自分に気づいた。

毎日氏神様にお詣りするのは、もう5か月以上続いている。
お詣りすることは日課になっているので、今日もお詣りしたのだが、あまりの列だったので、昼間は諦めた。
夜、神社に行ったら、列ばずに初詣できた。

| | コメント (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »