« 1月の花 | トップページ | 鳥との攻防 »

2011年1月30日 (日)

キム・ジェウクファンミーティング

29日は、キム・ジェウクのファンミーティングに行った。
ジェウクは小学校に入る前まで日本にいたので、フツーに日本語ができる。
なので、通訳はもちろん必要なく、ジェウク自身の言葉を聞けるので、前回も楽しかった。
P1040288

今回も彼がやっているバンドWALRUSと一緒だが、前回よりも歌の時間がかなり長かった。
歌でスタートし、2曲目はMISIAの『逢いたくていま』を日本語で歌う。
ドラマ『仁』の主題歌だが、これがなかなかいい。

MCの李由美さんがジェウクをいろいろいじるのだが、ジェウクは「いじられるより、いじるほうが好き」と。
李由美さんのイジリが好きではない様子。私も、彼女のイジリは好きではないが。
MCは、前回の古家正亨さんのほうがよかった。

途中、会場からの質問を受け付け、「日本の俳優で好きな人は?」には、「堤真一さんと中谷美紀さん」。
「共演したい俳優は?」には、「以前にも共演しましたが、チュ・ジフンさん。今度は(演技で)彼を潰します」と。

今回も最後は握手会があり、いつもは韓国の俳優には韓国語で話しかけるが、ジェウクには日本語で話しかけることにしている。
前回は、声が小さく、ちょっと聞き取りにくかったうようで、「えっ?」と、耳を私の顔に近づけてきたので、ちょっとドキドキした。

今回は、何て話しかけよう・・・
と思っても、フツーなことしか思い浮かばない。
そうだ・・・
彼の言葉を思い出した。

ジェウクの手を握りながら「ぜひ、演技でチュ・ジフンを潰してください!」と言うと、
(力強く)「ありがとう!」(キッパリと)「潰します!」。
フツーに「がんばります」とか、「ありがとう」と返してくるかと思っていたので、この力強い返事に、ちょっと驚いた。

ジェウクの昨年の出演ドラマ「悪い男(邦題:赤と黒)」は、NHKで放送予定である。
これでもっと人気が出たら、ファンミーティング会場も、もっと大きくなり、握手会もなくなるだろうな・・・と、ちょっと寂しくなる。
もちろん、ジェウクの良さを多くの人に知って欲しいのではあるが。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

|
|

« 1月の花 | トップページ | 鳥との攻防 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月の花 | トップページ | 鳥との攻防 »