« 8月の花 | トップページ | 5月のソウル »

2011年8月14日 (日)

地下鉄の切符の買い方 in ソウル

ソウルで地下鉄や路線バスを乗り継ぐ時は、交通カードであるT-moneyを持っていると便利だが、頻繁にソウルに来るわけでもなく、観光で来ていて、数回しか地下鉄に乗らないというような場合は、やはり1回ごと切符を買う人が一般的だろう。

以前は、地下鉄の駅の窓口で行き先の駅名を言えば、切符を買うことができた。
だが、数年前から、駅に切符を買う窓口はなくなり、自動販売機で買うようになった。

現在は、切符ではなく、1回用交通カードを買って乗るようになっている。
交通カードを買うときに、デポジットとして500Wかかるが、改札を出たところでデポジットの払い戻しの機械があるので、そこで使用済みの交通カードを入れると、500W戻ってくる。

はじめてこの自動販売機を使う日本からの観光客は、1回用交通カードを買うときに、自動販売機の前で戸惑っている人が少なくなく、よく日本人観光客から買い方を尋ねられた。

そこで、今回は、ソウルの地下鉄の自動販売機で、1回用交通カードの買い方を詳しく書くことにした。

自動販売機の画面は、最初はこうなっている。
P1040938

下の「日本語」というところをタッチすると、このように日本語画面に変わる。
P1040939

行き先が初乗り運賃で行くことができる駅であれば、いちばん左の「初乗り専用」をタッチ。

運賃が初乗り運賃でない場合や、わからなければ、左から2番目の「1回用」をタッチすると、「駅コード検索」や、「駅名検索」というのが出てくる。

日本人観光客は、「駅名検索」しようとするが、日本語で駅名検索はできず、英語で検索することなる。
ここで注意しなければならないのは、「東大門(トンデムン)」は、「T」で検索するのではなく「D」で検索、「江南(カンナム)」は、「K」ではなく「G」で検索しなければ、出てこないこと。

韓国語は、単語の最初の言葉は濁らない。なので、「トンデムン」とか「カンナム」と発音するが、英語で書くとそれぞれ「Dongdaemun」「Gangnam」となる。
このあたりで、日本人観光客は戸惑ってしまうようだが、簡単なのは、「駅名検索」ではなく、右下にある「路線検索」すること。

「路線検索」をタッチすると、日本語の駅名が書かれている路線図が出てくる。
P1040941

だいたいの場所をタッチすると、その部分がアップになった路線図が出てくるので、そこで行きたい駅をタッチ。
P1040942

次は、枚数を選ぶ画面が出てくるので、必要枚数のところをタッチ。
P1040943

枚数をタッチすると、運賃と交通カードの保証金、その合計額が表示される。
P1040944

お金を入れると、1回用交通カードが出てくる。
P1040945

改札の「T-money」の部分に、このカードをタッチさせ、入場。
地下鉄の改札は、自動で開くタイプより自分でバーを動かすところが多いので、「ピッ」となったら、自分でバーを動かして、改札の内側に入る。
P1040947

目的地に着き、1回用交通カードを改札の読み取り部分にタッチさせ、出場したら、改札のすぐ近くにデポジットを返還する機械がある。
P1040946_2
この機械に1回用交通カードを入れると、500Wコインが出てくるので、デポジットの払い戻しをお忘れなく。


|
|

« 8月の花 | トップページ | 5月のソウル »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8月の花 | トップページ | 5月のソウル »