« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

「人生のコストパフォーマンスを上げる」医療費編

連載が始まった夕刊フジだが、販売されていない地域の知人や、夕刊紙を買い慣れていない女性の友人から、私の連載を読みたいのだが・・・と言われた。

検索してみると、産経デジタルが運営している「zakzak」というサイトで、記事を読むことができるのがわかった。
そこで、ここにリンクを貼ることにした。

「人生のコストパフォーマンスを上げる」医療費編

| | コメント (0)
|

2011年10月26日 (水)

10月  高齢者施設の見学(1)

仕事上の必要性から、たまに高齢者施設の見学をしている。
老後資金をプランニングするにあたり、やはり、現場を見てみないと、わからないことがたくさんあるからである。

今回は、蓮田市にある高齢者施設。
最初に、ここの食堂で出される料理を食べた。

P1000067

お風呂は温泉。いいなぁ・・・
P1000068



P1000069

こちらは個室。意外と広々としている。

P1000070

個室内のミニキッチン。

P1000071_3

個室内の洗面所。

P1000072

こちらも個室。
P1000073


P1000074


P1000076

P1000077

P1000078 





| | コメント (0)
|

2011年10月22日 (土)

10月の花

今回は、野バラ、リコリス、ケイトウの組み合わせ。

最初は、水盤に生けた。
P1050389



次は、花器の形状を活かして。
P1050393

| | コメント (0)
|

2011年10月18日 (火)

ワンタン麺

「八雲」のワンタン麺が食べたくなったので、食べに行った。
今回も特製ワンタン麺のハーフ。
ハーフは、エビワンタンと肉ワンタンが2個ずつ入っている。
スープは、黒だしと白だしのミックスにした。
P1000066

私の周りでも、「八雲」もワンタン麺ファンは多い。
貼ってあるポスターを見たら、このサイトで「八雲」の白だし特製ワンタン麺が買えるようになったようだ。
P1000064

| | コメント (0)
|

2011年10月13日 (木)

夕刊フジで連載開始

夕刊フジで連載をすることになった。
掲載は、隔週木曜日。
木曜日発売の紙面なので、日付は翌日の金曜日になる。

連載のタイトルは『人生のコストパフォーマンスを上げる』。
これまでと同じ生活を、もし3分の2の費用で送ることができれば、収入が1.5倍になったのと同じパフォーマンスがある。
収入をすぐに1.5倍にすることは難しくても、費用を3分の2にする方法を知って実行すれば、コストパフォーマンスを上げることができるのである。

「節約」というと、「ガマンする」とか「やりたいことや欲しい物を諦める」というようなイメージがあるが、「コストパフォーマンスを上げる」ことは、ガマンしたり、諦める必要がない。
私自身、面倒なことは嫌いなので、面倒くさくない方法を厳選して紹介している、

今日発売の物のテーマは、医療費。
医療費は、病気やケガをしたときにどうしてもかかるもので、「コストパフォーマンスを上げる」ことと無縁に思われそうだが、これもちょっとしたことで、安くすることができる。

毎回、「人生のコストパフォーマンスを上げる」方法を紹介し、収入が増えなくても、また収入が減ったとしても、やりたいことを諦めたりせず、余裕のある生活を送れるようにしようというのが、この連載の趣旨である。

| | コメント (0)
|

2011年10月12日 (水)

足立の花火

いつもは、7月第4週の木曜日に開催される足立の花火大会だが、今年は震災の影響もあって、10月8日に延期された。
P1000054

10月の花火大会というと、第1土曜日に開催される土浦全国花火競技大会があるが、こちらはいつも通りの日程で開催された。

土浦について、2週連続の花火鑑賞。
時間は50分間といつもより短かったが、打ち上げ発数は1万発と、いつも通りの数。
連続して上がるので、いつもの年よりよかった。P1000059




| | コメント (0)
|

2011年10月 8日 (土)

『ツレがうつになりまして』公開

映画『ツレがうつになりまして』が公開され、初日舞台挨拶のある回に観に行った。
P1000042

舞台挨拶の登壇者は、佐々部清監督、堺雅人、宮﨑あおい。
佐々部監督作品は、8月公開の『日輪の遺産』に次いで2作品連続。
主演の堺雅人と宮﨑あおいは、『篤姫』コンビ。
ちょっと既視感のある光景だった。

”うつ”を扱う映画なので、もっとシリアスな感じかと思ったが、ほのぼのとした雰囲気の映画で、予想以上にいい映画だった。
「あんなにきれい事じゃない」という声もあるけれど。

は虫類は苦手だけれど、イグアナのイグが、なかなかいい雰囲気を醸し出していた。

映画の最後で驚いたのは、エンドロールで「制作」のところに朝日放送社員の友人の名前を見つけたこと。
見終わって友人に連絡すると、初日舞台挨拶の時も劇場にいたとか。

丸の内TOEIの屋上には「東映稲荷」があり、上映前にそこで、佐々部監督や堺雅人、宮﨑あおいたちと、大ヒット祈願のお詣りをしたのだそうだ。

『ジェネラルルージュの凱旋』も、エンドロールの「制作」のところでTBS社員の知人の名前を見つけたが、友人や知人が制作に関わった映画だと、より親しみを感じてしまう。

| | コメント (0)
|

2011年10月 4日 (火)

焼き塩

今回買った塩は、湿り気があるので、焼き塩した。

湿り気のある天然塩は、食材にパラパラと振りたいときに不便だが、焼き塩にするとサラサラして、使いやすくなる。
フッ素加工のフライパンやステンレスのフライパンで、弱火で塩を煎るだけだが、一手間かけると、ずっと使いやすくなる。

P1050931

| | コメント (0)
|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »