« 「スマートマネー」企画旅行の旅程保証制度編 | トップページ | 漢江の噴水 »

2012年5月10日 (木)

澗松美術館

昨年10月にソウルに行ったときは、城北洞にある澗松(カンソン)美術館に行った。
この美術館は、毎年5月と10月の一定期間のみ開館するが、ちょうど滞在時に開館していたので、観に行くことにした。

最寄りのバス停に到着すると、すでに停留所の手前まで長蛇の列ができていた。
P1050624

1時間半くらい列び、やっと美術館の入り口に到着。
P1050622

展示品で有名なのは、申潤福の「美人図」。
それ以外にも、申潤福の絵があり、その近くには金弘道の絵も。

申潤福と金弘道というと、ドラマ『風の絵師』の登場人物。
ドラマは、「申潤福は女性だった」という仮定で作られていたが、たおやかで繊細な筆致は、「女性だった」という仮定でも、納得できる。
豪快な筆致の金弘道の絵とは、対照的だった。

|
|

« 「スマートマネー」企画旅行の旅程保証制度編 | トップページ | 漢江の噴水 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「スマートマネー」企画旅行の旅程保証制度編 | トップページ | 漢江の噴水 »