保険・金融

2018年4月15日 (日)

夕刊フジ集中連載『50代から考える医療保険』

夕刊フジで1月に集中連載していた『50代から考える医療保険』を、無料で読めるようになりました。

第1回目  かなり前に契約した保険、現在の医療に合っている?
第2回目  公的保障の「高額療養費制度」
第3回目  先進医療特約付けられる医療保険
第4回目  「持病があっても加入しやすい」保険の落とし穴
第5回目  医療費、「すべて保険」ではなく「貯蓄」で備える

| | コメント (0)
|

2018年1月25日 (木)

50代から考える医療保険

今週は、夕刊フジで集中連載(月~金)しています。
タイトルは「50代から考える医療保険」。

若い頃に入った医療特約や医療保険は、医療の進歩によって、今の医療に合わないものになっていて、保険料を払っていても、自分が思っているような保障を十分に得られないかもしれません。
でも、50代になると、健康状態に問題があり、あらたに医療保険を契約できないというケースも出てきます。...

そんな50代からの医療保障は、どうしたらいいかということを、5回にわたって連載しています。

電子版でも読むことができます。

アプリはこちらから

i OS
https://www.zakzak.co.jp/special/ufujiapp/ios.html

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sankei.youfuji&hl=ja

| | コメント (0)
|

噴火による死傷では傷害保険の補償はどうなる

草津白根山が噴火し、死傷者が出ましたが、普通傷害保険や国内旅行傷害保険、スキー保険に入っていても、噴火による傷害は補償対象ではないので、保険金は支払われません。
噴火による傷害も補償対象にしたい場合は、「天災危険担保特約」を付ける必要があります。
モンベルの「山岳保険安心プラン」やソフトバンクの「スポーツ・レジャー保険」は、この特約が付いているので、噴火によって死傷したとしても、保険金が支払われます。

なお、海外旅行傷害保険に入っていて、海外で噴火により死傷した場合は、このような特約は付いていなくても、補償対象となっています。

| | コメント (0)
|

2018年1月 9日 (火)

新成人の晴れの日を台無しにした「はれのひ」

振袖の販売やレンタル、着付けを行う「はれのひ」が、成人式当日の8日に連絡がつかなくなり、多くの新成人が振袖を着られなくなった”事件”。
振袖を着るのも着ないのも、成人式に出席するのもしないのも、本人の自由ですが、「成人式に振袖を着て出席したい」という”想い”を踏みにじってはいけないと思います。

この会社は、希望着付け時間の予約を2年前から受け付けていたそうですが、購入した着物は当日着付け会場で渡すことになっていて、購入した振袖も受け取れなくなっているとのこと。
昨年の”てるみくらぶ”破産事件を思い浮かびました。

このような場合、てるみくらぶの時と同様、クレジットカードで支払っている場合は、まず、クレジットカード会社に連絡しましょう。
3回以上の分割払いやリボ払いにしている場合は、「支払い停止の抗弁」をすることにより、割賦販売法により、今後の支払いは、法的に停止することができます。
全額すでに支払っている場合は、法的には返金してもらうことはできませんが、てるみくらぶの場合は、全額すでに支払っている場合であっても、多くのクレジットカード会社は、全額返金に応じました。

現金で支払い済みの場合は、旅行会社のような保護制度はないため、「はれのひ」が破産した場合は一般債権となり、お金が戻ってくる可能性は低いと思います。

| | コメント (0)
|

2017年7月 4日 (火)

夕刊フジ連載「自分で守る旅とかね」

てるみくらぶの経営破綻を受け、4月に「夕刊フジ」で連載をしました。
旅行会社が経営破綻したらどうしたらいいか、また、破綻に備えてどうしたらいいか、旅行とお金、補償などについて書いています。

第1回目  旅行会社が経営破綻したらすぐにやるべきこと
第2回目  旅行会社破綻への備え
第3回目  パッケージツアーの補償
第4回目  知っておきたい海外旅行傷害保険

| | コメント (0)
|

2017年2月21日 (火)

「あと10万円増やす年金術」夕刊フジ連載

昨年10月から12月末まで、「夕刊フジ」で連載していた「あと10万円増やす年金術」ですが、全12回、zakzakに掲載されました。
こちらから無料で読むことができます。

第1回 漠然とした「不安」で立ち止まらない

第2回 自分の年金額を知ろう 

第3回 保険の見直しをしよう

第4回 生命保険の必要保障額を計算してみよう①

第5回 生命保険の必要保障額を計算してみよう②

第6回 子どもの教育費がかからなくなったら、住宅ローンの返済額増額を

第7回 個人年金保険は、受取方法の変更も可能

第8回 個人型確定拠出年金加入で、税金を減らした分も老後資金に

第9回 自分の年金支給開始年齢を知っておこう

第10回 繰上げ・繰下げ可能な年金受給開始年齢

第11回 在職老齢年金のしくみ

第12回 公的年金は、老後にもらう年金だけじゃない

| | コメント (0)
|

2017年2月 8日 (水)

「親が予習しておきたい教育ローン&支援制度」夕刊フジ

今日発売の夕刊フジに、「親が予習しておきたい教育ローン&支援制度」というタイトルで、「国の教育ローン」と東京都の「受験生チャレンジ支援貸付」について書いています。

東京都の「受験生チャレンジ支援貸付」は、学習塾の費用や受験費用を貸してくれ、入試に合格して入学すると、なんと返済不要という太っ腹な融資なのです。
もし不合格になったとしても、最長5年で返済。その間、無利息です。
東京都に1年以上在住していなければ融資の申込みできませんが、貸付対象要件にあてはまる人なら、申し込んで損はない融資です。

| | コメント (0)
|

2012年12月18日 (火)

「スマートマネー」生命保険料控除制度改正編

12月17日発売の夕刊フジの連載「スマートマネー」のテーマは、生命保険料控除制度改正について

今年、生命保険料控除制度が改正され、新たに「介護医療保険料控除」ができた。ただし、以前から支払ってる介護保険や医療保険の保険料が、自動的に「介護医療保険料控除」の対象となるわけではない。

くわしくは、「スマートマネー」生命保険料控除制度改正編で。

| | コメント (0)
|

2012年12月11日 (火)

「スマートマネー」旅行会社の経営破綻編

12月10日発売の夕刊フジの連載「スマートマネー」のテーマは、旅行会社の経営破綻について

旅行会社が経営破綻したときの弁済金について解説した。

くわしくは、「スマートマネー」旅行会社の経営破綻編で。

| | コメント (0)
|

2012年12月 4日 (火)

「スマートマネー」海外旅行傷害保険付きクレジットカード編

12月3日発売の夕刊フジの連載「スマートマネー」のテーマは、海外旅行傷害保険付きクレジットカードについて

海外旅行傷害保険付のクレジットカードを持っていても、カードによっては、傷害死亡の補償しかなかったり、傷害死亡や治療費用の補償はあっても、携行品損害の補償がないものがある。

年会費無料のクレジットカードで、傷害死亡・傷害治療・疾病治療・携行品損害・救援者費用・賠償責任の6つの補償が付いているものを紹介。

くわしくは、「スマートマネー」海外旅行傷害保険付きクレジットカード編で。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧