花火

2011年10月12日 (水)

足立の花火

いつもは、7月第4週の木曜日に開催される足立の花火大会だが、今年は震災の影響もあって、10月8日に延期された。
P1000054

10月の花火大会というと、第1土曜日に開催される土浦全国花火競技大会があるが、こちらはいつも通りの日程で開催された。

土浦について、2週連続の花火鑑賞。
時間は50分間といつもより短かったが、打ち上げ発数は1万発と、いつも通りの数。
連続して上がるので、いつもの年よりよかった。P1000059




| | コメント (0)
|

2010年8月16日 (月)

大田の花火

毎年、8月15日は、大田の花火が開催される。
今年は日曜日で、打ち上げ場所の向こう岸にあるマンションに住んでいる知人に誘われていたため、今回初めて川崎側から見た。
P1000070

いつも、六郷土手の打ち上げ場所の近くで見ているため、音楽にあわせて打ち上げられるのを知っているが、さすがに向こう岸まで、その音楽は届かない。
P1000076

だが、知人宅の8階のベランダは、この花火を見るためにあるようなベランダで、大田の花火を堪能することができた。

| | コメント (0)
|

2010年8月14日 (土)

東京湾の花火

東京湾の花火は大玉が上がり、見ごたえがあるが、見やすい場所はかなり混雑し、帰りも大変である。

だが、毎年、知人が打ち上げ場所が見えるのに、帰りもスムーズに駅まで行くことができるスゴイ場所を取ってくれる。
もちろん、そんな場所は、当日では取れない。
3日前から、アルバイトで場所取りをしてくれる人を頼んでいるのだ。

P1000061

今年の花火は、あまりキャラクター物はなく、王道で勝負という感じだった。
大玉が連発で打ち上げられるため、東京湾の花火を近くで見ると、やはり迫力がある。

P1000066

今年も、バイト君のおかげで、最高の場所から見ることができた。
おまけに、今年は、花火の打ち上げが始まるまでの間の、すばらしい過ごし方を見つけた。
混雑とはまったく無縁で、しかも涼しく、おまけにタダ。
どうしてこれまで気づかなかったんだろう・・・と思う、とっても快適な過ごし方だった。

P1000068

| | コメント (0)
|

2010年8月 8日 (日)

板橋の花火

8月の第1土曜日は、江戸川の花火大会と戸田&板橋の花火大会という、大きな花火大会が2つダブって開催される。
どちらか日にちをずらしてくれたらいいのに・・・と思うのだが、毎年、どちらかを選ばなければならない。

今年は、戸田&板橋の花火大会に行った。
荒川を挟んで、埼玉の戸田市と東京の板橋区の両岸で花火は打ち上げられ、両方を同時に見ることができる。
P1000049

暗くなる少し前に会場に行ったが、私はそれぞれの花火大会の「いい場所」を知っているので、そんな時間に行っても、花火がよく見える場所に座ることができた。

私は、「一家に一人いると便利」とか、旅行の際には「ツアーに一人いると便利」と言われるが、花火大会の時にも、「一緒に行くと便利」と言われそうだ。
P1000038 

まだ夏風邪が治らないので、花火パーティーや花火大会の予定をかなりキャンセルしたが、この花火大会にはどうしても行きたかったので、出かける少し前まで寝ていた。

花火が終わり、JRの駅に向かうと、改札に入る人たちの長蛇の列があったが、他人とちょっと違う行動、というか、視点を持つと、列ぶことなく、すぐに改札を通ることができる。
やはり「花火大会の時に、一人いると便利」と言われた。
P1000040

| | コメント (0)
|

2010年8月 1日 (日)

隅田川の花火

昨年、隅田川の花火は、打ち上げ場所の近くで観たが、そんな場所だと、ものすごく混雑するし、帰りが大変なので、今年は少し離れた初めての場所で観ることにした。

ある公園なのだが、朝から場所取りをしてくれていたため、花火の打ち上げ開始時間に行っても、その公園ではいちばんよく見える場所で、観ることができた。

打ち上げ場所からは距離が少しあるので、あまり期待はしていなかったが、予想していたより大きく花火が見え、音も聞こえた。

花火大会のため、年1回しか利用しない駅がいくつもあるが、そこの最寄り駅に降りたのも、初めてだった。
空気の振動を感じられないのは物足りないが、意外な穴場かもしれない。
場所は・・・ナイショ。

| | コメント (0)
|

2010年7月30日 (金)

足立の花火

毎年、私の夏は、海の日の前日に開催される横浜の花火大会からスタートするが、今年は、風邪を引いてしまったため、横浜に行かなかった。

横浜の花火大会の次は、調布の花火大会があったが、風邪が治りきっていなかったため、これも観に行かなかった。

7月の最終週は、毎年、火曜日が葛飾の花火大会、木曜日が足立の花火大会、土曜日が隅田川花火大会が開催されるが、葛飾の花火大会の日は、夕方になってもかなり暑く、これも行くのをやめてしまった。

いつもの夏は「花火>すべてのこと」になるのだが、今年は初めて「花火<暑さ」になり、花火フリークの私も、苦手な暑さには勝てなかった。

昨日は、久々に涼しかったので、「今度こそは!」と、足立の花火を観に行った。
足立の花火大会は、私が好きな花火大会のひとつで、いつも打ち上げ場所に近く、空気の振動が感じられる場所で観ている。
P1000016

昨日は午後3時頃、土砂降りの雨だったが、午前中にHPを見ると、雨でも開催すると書いてあった。
そして、土砂降りの雨が降っても、変更はなかった。
P1000011

夕方になると、雨も小降りになったので、透明のビニール傘を持って、現地に向かった。
透明のビニール傘は、雨の日に花火を観るために、1本は確保している。
P1000015

梅雨明けから猛暑が続き、風邪で体調も悪い日々で、うんざりしていたが、昨夜は土砂降りの雨のため涼しく、今年初めての花火大会も堪能でき、久々に気分がよかった。
P1000009

| | コメント (0)
|

2010年7月14日 (水)

7月の花

この季節になると、毎年、必ずヒマワリが入った組み合わせがあるが、今年はなぜか1回もない。

今回は、ヨシ、スプレーバラ、スターチス、モンステラの組み合わせを選んだ。
特にテーマはなく、自由に生けた。
P1030777

次は花器を変えて生けた。
P1030779

| | コメント (0)
|

2010年7月 1日 (木)

クルージングパーティー

先週末、友人誘われて、クルージングパーティーに参加した。
P1000034

東京湾をクルージングしたが、日の出桟橋から豊洲へ行き、ららぽーと豊洲で上がる花火を観た。
こぢんまりした花火だが、今年の初花火である。
P1000037

そこからお台場へ向かい、フジテレビ前でから日の出桟橋に戻るコースだった。
P1000048

| | コメント (0)
|

2009年7月21日 (火)

調布の花火

P1000062毎年、私の夏は横浜の花火から始まるが、今年は中止になっていた。
今年の夏、初めて行った花火大会は、18日に開催された調布の花火大会になった。

途中、雨がポツリポツリ降ってきたが、本格的には降らず、傘をささずに最後まで花火を楽しむことができた。

P1000065_2音楽に合わせて打ち上げられる花火があるが、「ゲゲゲの鬼太郎」の曲に合わせて打ち上げられたのが、ネズミ男の花火。
きっと鬼太郎や目玉おやじも打ち上げられたと思うが、いちばんはっきり見えたのは、ネズミ男だった。

P1000049ニコちゃんやキティちゃん、ドラえもんなどは、あちこちで見たことがあるが、ネズミ男の花火を見たのは初めてだった。

| | コメント (0)
|

2008年8月22日 (金)

隅田川の花火

P10002527月26日は、隅田川の花火を見に行った。
隅田川の花火は、第1会場と第2会場の2か所で打ち上げられ、合計打ち上げ数は2万発。
東京の花火大会の中でも、混雑する花火大会だが、一昨年までは、「本所吾妻橋」駅のすぐ上にある知人が住んでいるビルの屋上で見ていたので、まったく混雑とは無縁の環境で見ていた。

ここの屋上からは、第1会場、第2会場両方の花火を見ることができた。
第1会場の花火は大きく見ることができたが、第2会場のほうはちょっと遠かったので、第2会場の花火は少し小さく見えた。
私は、第2会場の花火より、第1会場で打ち上げられる花火のほうが好きだった。

P1000251 だが、第1会場方向に、高いマンションが建ってしまい、一昨年からは第1会場の花火はまったく見ることができなくなってしまった。
そこで、昨年からは、そのビルの屋上で見るのをやめ、第1会場の花火を見ることにした。

昨年は、打ち上げ場所からちょっと離れた場所で見ていたので、今年は、もっと近いところで見たいと思った。
だが、浅草に午後6時に着いて、打ち上げ場所の近くで見るという無謀(?)なことを考えていたので、前夜はかなり調べて、見る場所を決めた。

P1000253打ち上げ場所のすぐ近くは、立ち入り禁止区域なので、ギリギリの場所で見ることにした。
ちょうどいい場所を見つけ、そこで花火の打ち上げを待った。

花火が打ちあがると、木や電柱がちょっと邪魔だが、なかなかいい場所だった。
打ち上げ場所の近くて、風下だったため、大量の燃えカスが降ってきたが、、それだけ迫力を感じられる場所で、隅田川の花火を見ることができたのは、初めてだった。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧